モノは使いよう。タバコの吸いがらで×××を撃退する鳥

モノは使いよう。タバコの吸いがらで×××を撃退する鳥
Image: Andy Reago & Chrissy McClarren/Flickr/Ryan F. Mandelbaum- Gizmodo US

鳥だからって、なめんなよ

オレら小さくてもかしこいし、なにしろ恐竜の生きのこりだから適応力がハンパじゃねーんだよ。人間が勝手に街をつくって森や川を壊しても、オレたちみんな都会の暮らしに適応して立派に暮らしてんだよ! アオガラのヤツなんかコンクリの穴をアジトに使ってるしよ、カモメ番長は港で人間をカツアゲしてるしよ。みんな体張ってがんばってんだよ、なめんじゃねーよ。わかったかコラ!

(メキシコマシコ談)

1 モノは使いよう。タバコの吸いがらで×××を撃退する鳥
Image: Bildagentur Zoonar GmbH / Shutterstock.com
アオガラのヒナ

2 モノは使いよう。タバコの吸いがらで×××を撃退する鳥
Image: Jaka Zvan / Shutterstock.com
カモメ番長

以上、メキシコマシコさんにご登場いただきました。ちょっとドスのきいた、仲間思いのいいヤツです。主にメキシコとアメリカ本土に生息するメキシコマシコさんですが、実は変なモノを巣作りに利用することで最近ニュースになっています。それは、人間がポイ捨てしたタバコの吸いがら(いえ、決してメキシコマシコさんご自身が吸っているわけではなく)。

鳥が巣作りにゴミを利用をするのはよく知られていますが、メキシコ国立自治大学の科学者のコンスタンティーノ・マシアス・ガルシアさん(Constantino Macías Garcia)と モンセラット・スアレス・ロドリゲスさん(Monserrat Suárez-Rodriguez)の目に留まったのはメキシコマシコのタバコだらけの巣(画像)でした。このBirdwatch誌の写真を見るかぎり、どうやらタバコの吸いがらを分解してふわふわのフィルター部分のみを巣作りに活用しているようです。

実はタバコの吸いがらは、アウトドアで最もやっかいな血を吸う「ヤツら」を寄せ付けないことで知られています。そう、マダニです。マダニ。マダニに刺されたこと、ありますか? あれ、簡単には取れないですよ…(涙)。

Science Alertによれば、タバコに含まれるニコチン神経毒性を持っており、殺虫剤として効果的なんだとか。ヒナの血を吸うマダニは、親鳥にとっては天敵です。まだ小さいヒナがマダニに喰われると、命取りにもなりかねません。でもメキシコマシコは果たしてこの効果を知ったうえでわざとタバコを巣に持ち帰るようになったのでしょうか? それとも、ただふわふわでナイスな素材だったから、たまたま活用しているのでしょうか?

Journal of Avian Biologyに発表されたマシアス・ガルシアさんたちの結論からいうと、巣のなかにマダニが増えると、結果的にタバコの吸いがらが多く使われたそうです。ということは、メキシコマシコはタバコを一種の防虫剤として使っていると考えられます。

マシアス・ガルシアさんたちの研究方法はこうでした。メキシコ国立自治大学キャンパス内のメキシコマシコの巣を探し出し、32個マークしました。巣のヒナがかえったあとで、巣の内側の「産座」と呼ばれるやわらかい部分を取り出して、フェルト素材の人工産座にすり替えました。その人口産座のうち、10個には生きたマダニを、10個には死んだマダニを加え、のこりの12個にはマダニがいない状態にしたそうです。あとはメキシコマシコのヒナたちが無事に巣立ったのを確認してから人口産座を回収し、そこにどれぐらいのタバコの吸いがらが足されていたかを調べました。

結果は一目瞭然でした。生きたマダニを入れた巣には、かなりの量のタバコの吸いがらが敷かれていたそうです。ScienceAlertによれば、生きたマダニがいた巣は死んだマダニがいた巣よりも最大40%多い量のタバコの吸いがらが使われていたんだそうです。

もちろん、この研究ではわからなかったこともたくさんありました。かなり不自然(というか強引)な実験方法だったので、自然下で果たしてメキシコマシコが同じような行動をとるかは分かりませんし、タバコのポイ捨てが少ない環境ではどうなるのかもわかりません。メキシコマシコがハッキリとタバコの殺虫効果を認識してこのような行動をとったのか、ただタバコの臭いがマダニがいない状況と結びついていただけなのかも謎です。

マシアス・ガルシアさんたちはさらに研究論文ニコチンの落とし穴も指摘しています。当然マダニに有毒なのだから、ヒナや親鳥にも有毒なことは明らかです。特に、ヒナにはニコチンによる遺伝性疾患のリスクが高いそうで…。

とりあえず、この実験においてはすべてのヒナたちが無事に巣立ったそうで、ホッとしています。大したもんだね、メキシコマシコさん。

Image: Andy Reago & Chrissy McClarren/Flickr/Ryan F. Mandelbaum - Gizmodo US, Jaka Zvan, Bildagentur Zoonar GmbH - Shutterstock.com
Reference: Journal of Avian Biology, Birdwatch, Science Alert

Ryan F. Mandelbaum - Gizmodo US[原文
(山田ちとら)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE