おぉ、こ、これは...懐かしのフロッピーディスク型USBメモリ

おぉ、こ、これは...懐かしのフロッピーディスク型USBメモリ
Image: Kickstarter

フロッピーケースにズラーっと並べたい。

写真を見た瞬間に、「おぉ、これは...」と思ったそこのアナタ! はい、私もいっしょです。懐かしのフロッピーディスクがUSBメモリとなって復活しました!

フロッピーディスクを知らない人たちのために説明しておくと、フロッピーディスクはCDやDVD、USBディスクの前に流行っていた記録媒体です。もはやPC側にもフロッピーを挿入するポートがなくなり、今使っている人も限られている、いわゆるレガシー(型落ち)的なメモリです。(CDやDVDも危うい位置にいるような気がしますが...)

私たちが今USBスティックで当たり前のようにデータ移行を行なっているノリで、当時はこのフラットでレトロなフロッピーディスクをPC本体に差し込んで使っていたんです。

Kickstarterに登場したこのフロッピーディスク型USBメモリ「Floppy Memory」は、一番馴染みのある3.5インチサイズで、USB 3.0搭載、ストレージ32GB。まぁなんてことはない、一般的なUSBメモリです。ですが、見た目はもうフロッピーでしょう、これ! 金属製のシャッターをスライドするとUSBスティック端子が飛び出る仕組みです。この本来磁気ディスクを守るためのシャッターを無駄にシャカシャカしたくなる気持ちまで再現してくれている。にくい...。

おぉ、こ、これは...懐かしのフロッピーディスク型USBメモリ2
Image: CAESARstock/Shutterstock.com

Kickstarterでは、Floppy Memory1枚つきが40ドル(約3,285円)で支援できます。大量に集めてフロッピーケースに並べてみたいですね。残念ながら(というか当たり前ですが)、磁気ディスクを読み込むときのあのカチャ、カーチャッチャ...という音はないので我慢してください。

めちゃくちゃニッチかもしれませんが、商品化されることを祈って楽しみにしていましょう!

Image: Kickstarter, CAESARstock/Shutterstock.com
Source: Kickstarter

(Doga)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE