濃厚なニュースを見てからのプリキュアで、私たちのリテラシーはもっとキラキラする

濃厚なニュースを見てからのプリキュアで、私たちのリテラシーはもっとキラキラする 1

Image: markthedg/Shutterstock.com

早起きと、報道を、レッツ・ラ・まぜまぜ!

ニチアサの放送時間が変わるという衝撃的ニュースが飛び込んできたのはつい先週のこと。なんでもテレビ朝日は、10月から日曜日の朝5時50分〜8時30分の時間帯に新たな生放送ニュース番組を始めるとのこと。メインキャスターは東山紀之さんがつとめます。

それに伴い、現在7時30分のスーパー戦隊シリーズは9時30分に、8時の仮面ライダーシリーズは9時に移動するそうです。ニチアサの時間がここまでガっと変わるとは、時代の移ろいを感じずにいられません……。スーパーヒーローもお寝坊したいのですね、わかります。

しかし、プリキュアの時間帯は8時30分のままなんです。これは「プリオタたちはこれからも早起きし続けるがいい」という、テレ朝上層部による大友(大きな友達)フィルタリングなのでしょうか? 我々に優雅でキュアキュアな朝は訪れないのでしょうかッ(悲観)!

例えばプリキュアが9時30分、あるいは10時台に移動すれば早起きからは開放されます。が、日曜の9時から活動ができるという時間と心の余裕はなくなりますし、早い時間だからこそお出かけ前に試聴できるというメリットもありました。こう考えれば、プリキュアが8時30分に留まり続けているのはそれはそれで利点があるのです。

そして、仮にニュース番組を見てからプリキュアを見るとなれば、ニュースで時世を知る→その知的余韻のままプリキュアタイム、ヒーロータイムに突入、という流れになります。新番組は2時間40分におよぶ濃厚なニュース番組。その余韻に置く番組には大変な意味が求められるはずです。報道とアニメ、その緩衝材となるような、深みのある番組が。

それらを統合して考えると、プリキュアはメディア情報教育としての側面も持っている……?

言われてみれば、プリキュアの濃厚なストーリーのそこかしこにその片鱗を見ることができます。『フレッシュプリキュア!』からは管理国家のおそろしさを、『ハートキャッチプリキュア』からは誰もが秘めている心の声の尊さを、『魔法つかいプリキュア!』からは文化差を飛び越えた真なる友情を、私たちは学びました。

これはもう、プリキュアはメディアリテラシー教育属性を持っていると言っても過言ではないでしょう。そう思えば、ニュース番組の次にプリキュアが来ることはむしろ自然。実際、スクープを求めるキャラクターとか出てくるし。『ハピネスチャージプリキュア!』の増子美代さんとか元政治部記者だし。

というわけで、10月からはプリテラシー高まるニチアサライフが始まることでしょう。今までヒーロータイムに起きれなかった人も、プリキュアから続けて見れるようにもなりますしね。時間だだ被りの『ワンピース』と『ドラゴンボール』が見たい人は、HDDレコーダーをば……。

進化する地図サービスは僕をどこへ導いてくれるのだろうか?

Image: markthedg/Shutterstock.com
Source: テレビ朝日(1, 2

ヤマダユウス型

あわせて読みたい

    powered by CXENSE