マーベルのスーパーヒーローになりきって悪党どもをぶっ飛ばそうぜ! VRゲーム『Marvel Powers United VR』

マーベルのスーパーヒーローになりきって悪党どもをぶっ飛ばそうぜ! VRゲーム『Marvel Powers United VR』 1
Image: Oculus/YouTube

ハルクになって破壊のかぎりを尽くすのもいいな〜。

先日はスパイダーマンになれるVRコンテンツが登場しましたが、今度はマーベルのスーパーヒーローになってヴィラン(悪役)をぶっ飛ばせるVRゲーム『Marvel Powers United VR』が発表となりました。

Video: Oculus/YouTube

プレイヤーは、2019年に映画化も決まっている宇宙最強のヒーロー「キャプテン・マーベル」、『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー』の「ロケット・ラクーン」、『マイティー・ソー バトルロイヤル』も楽しみな「ハルク」になりきって、主観視点で大暴れ!

キャラクターの腕の動きはコントローラーの動きと連動していて、ヒーロー気分にどっぷり浸れそうなゲーム。実プレイとは関係ないイメージ映像ですが、男性が小さくなってロケットになる画がなかなかにシュールですね。でも遊ぶならロケットをやりたい!

io9に掲載されたプレイレポートによれば、それぞれのヒーローの戦い方は大きく異なり、キャプテン・マーベルはコミックでの設定通り敵のエネルギー攻撃を吸収して撃ち返せる遠距離攻撃型、ハルクは動きは遅いものの敵をつかんで叩きつけたり空中に投げたりできる接近戦型といった具合。

さらに、ハルクが空中に投げた敵をロケットが撃つといったようにプレイヤー間で連携攻撃もできるので、これはぜひ複数人で遊んでみたい!

ちなみに最後に出てくる大きな犬は、超能力を持った古代人種族「インヒューマンズ」の王族のペットである「ロックジョー」。ロックジョーは、テレポート能力を持つ犬型インヒューマン(厳密に犬なのかどうかは不明)で、今回のゲームではプレイヤーキャラクターたちをテレポートさせて戦いへと連れていってくれる役割なのだとか。

キャラクターは今後も追加予定で、公式サイトによればまだ映像には出ていないおしゃべり傭兵「デッドプール」やクリーの法の番人「ロナン・ジ・アキューザー」の登場も決まっている様子。場合によっては敵として出てくるのかもしれませんが、プレイアブルだといいですね!

Oculus Rift向けFPSアクションゲーム『Marvel Powers United VR』は、2018年リリース予定です。

Image:YouTube
Source:Oculus, YouTube via io9

傭兵ペンギン

あわせて読みたい

    powered by CXENSE