高画質自撮りができて、セカンドディスプレイ搭載の中華スマホ「Meizu Pro 7(Plus)」登場!

高画質自撮りができて、セカンドディスプレイ搭載の中華スマホ「Meizu Pro 7(Plus)」登場!
Image: Meizu

一瞬、懐かしのガラケーを想起したのは私だけ?

中国の電気機器メーカーMeizu(メイズ)が、7月26日の発表会にてフラグシップ端末シリーズの最新モデル「Meizu PRO 7」と「Meizu PRO 7 Plus」を発表しました。Meizuのスマホといえば、手頃な価格と、過去にiPhone 5cにそっくりな「Meizu M1 Note」を発売したことで知られていますが、今回のモデルはそんな今までの流れとは一味違います。

何が一味違うかと言いますと、なんとこの新モデルは背面に小さなAMOLEDディスプレイが搭載されており、天気や時間、通知、音楽、なんなら自撮りの映像も確認できちゃうみたいなんです。スライドやタッチも可能で、まるでセカンドディスプレイのよう。一瞬どっちを前面と呼んで良いのか迷ってしまうくらい変化球なスマホです。

もちろん最近の中華スマホと同様、しっかりスペックも揃えてきています。The Vergeの内容をまとめると、Pro 7は5.2インチのSuper AMOLEDディスプレイ、4GBのRAM、64GBの内部ストレージ、Helio P25プロセッサー(中国MediaTek製のチップ)、3,000mAhのバッテリーを搭載です。Pro 7 Plusはさらにグレードアップして、5.7インチ(QHD)、6GBのRAM、Helio P30プロセッサー、64GB と128GBの内部ストレージ、3,500mAhのバッテリー搭載となっています。共にMeizuの「mCharge」と呼ばれる高速充電に対応しています。

さらに面白いのが、メインの背面カメラは1200万画素のデュアルカメラなのに対し、前面カメラは1600万画素なんですよ! 1200万画素のデュアルカメラですら、そこそこのスペックなのに、前面のほうに力を注いでくるあたり、痺れます。やっぱり前と後ろのどちらがメインかわからない。中国は自撮り文化が盛んですから、もはや、そんな自撮りを愛する若者のために生まれてきたような端末と言えますね。

値段はPro 7が2,880元(約4万8000円)、Pro 7 Plusが3,580元(約5万9000円)で、8月5日より中国で発売が開始されるそうです。

ちなみに、自撮りスマホだと、前面カメラ1300万画素のZenFone Selfieというのもありましたが、Meizuはさらにその先をいっているようですね。それにしてもやっぱり、どうも後ろ姿がパカパカ開くタイプのガラケーに見えなくもないと感じるのは、私の気のせいでしょうか?

スマホに「デュアル・セルフィーカメラ」が搭載される時代に

Image: Meizu
Source: Meizu, The Verge

(Doga)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE