もうバーコードもQRコードもいらない。ペンで書いたドットがタグになる

<もうバーコードもQRコードもいらない。ペンで書いたドットがタグになる 1
Image: NEC

同じように見えて全部違うんです。

NECは、ペンで書いた1mmのドットを識別タグとして活用する技術「マイドット」を開発しました。マイドットは、市販のペンで書いたドットをカメラで撮影して、それを認識する技術です。

市販のペンで書いたドットは、インク内の粒子がランダムのため、同じドットにはならないそう。もちろん肉眼では認識できません。それをカメラで撮影し、独自の認識技術を用いて判別するのがマイドットです。

これまで、商品管理などにはバーコードやQRコードなどを使っていましたが、活用するには専用の機械が必要でした。しかし、マイドットならば市販のペンがあればOK。手軽に商品管理などに活用できます。個人でも簡単に使えるようになればいいですね。

また、バーコードなどを貼り付けられない小さなものにも、1mmの小さなドットを書くだけでタグを付与することができるのもポイントです。

ローコストで簡単に識別タグを導入できるこの技術。とても素晴らしいのではないでしょうか。実用化されたら、さまざまなシーンで使われていくことでしょう。

コチラで動画も見られます。ご興味のある方はどうぞ。

Image: NEC
Source: NEC

(三浦一紀)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE