新品未開封のファミコン版『スーパーマリオブラザーズ』が300万円超えで落札される

新品未開封のファミコン版『スーパーマリオブラザーズ』が300万円超えで落札される
Image: eBay

32年間放ったらかしてただけでこのお値段。

1985年に販売され、世界では4000万本も売られたファミコン用ソフト『スーパーマリオブラザーズ』。クラスのほぼ全員が持っており、買ったからには誰しもが必ず開封してプレイしたゲームですよね。

ですが世界では、そんな『スーパーマリオブラザーズ』を2017年の現在まで新品未開封のまま放置していた人がいるんです。

このパッケージは、買ったときの状態のまま薄いビニールで包まれており、店頭でフックに引っ掛けるための吊り下げもそのまま。これ以上のないほどのミント・コンディション

販売価格が当時26.99ドル(日本では当時4,900円)だったこのソフト。Business Insiderによりますと、持ち主のDKOldiesさんがオークションサイトのeBay1セントから競売をスタートしたところ……落札価格がなんと3万ドル(約332万円)にまで跳ね上がってしまったんです。

ゲームそのものがレアなわけではないのに約332万円の価値になるだなんて、ゲームソフトもワインのように熟成(価値が)するんですねぇ。果たしてこれ競り落とした方は、開封するのでしょうか?

Image: eBay
Source: eBay, Business Insider

岡本玄介

あわせて読みたい

    powered by CXENSE