夏! 元NASAエンジニアが作った世界最大の水鉄砲はスイカも割れる

夏!元NASAエンジニアが作った世界最大の水鉄砲はスイカも割れる
Image: Mark Rober/YouTube

大人のオモチャですね。

子どものときに遊んだオモチャはたくさんありますが、大人になっても面白いオモチャってたくさんありますよね。水鉄砲がそんなオモチャの一つ。夏に大人だけでビーチに遊びに行っても水鉄砲がいくつか投入されるだけでかなり本気のバトルが展開されるものです。

しかし市販の子ども向け水鉄砲じゃ満足できない...と元NASAエンジニアのYouTuber、Mark Roberさんが作ったのがこちらの超巨大な水鉄砲です。アメリカで人気の水鉄砲オモチャ「Super Soaker」を大型にしたデザインですが、間違いなく世界最大のSuper Soakerです。

Video: Mark Rober/YouTube

フレームは木製、中にはおお、重厚なボンベが詰まっております。

夏!元NASAエンジニアが作った世界最大の水鉄砲はスイカも割れる2
Image: Mark Rober/YouTube

「見た目は高級な感じがするけれど、基本的な仕組みはこの子ども向けのSuper Soakerとまったく同じなんだよ。ボンベなどの重い部品は全部下の部分に集めることで安定させることができるんだ」

と平易な言葉で構造をちゃんと説明してくれます。しかしこの縦割りの構造図を見たら分かりますが...オモチャというよりは武器ですね。

動画ではガラス板、スイカ、卵、ウインナー、といろいろなものを破壊して威力を披露しています。水を吐き出す圧力は約16メガパスカル(2,400PSI)に達するそうです。遠くはなれた子どもたちに水をかけていますが水の直線が落ちないのなんのって。いやーしかし、これを見てると水鉄砲バトルがしたくなりますね。

しかしなんでこんなことを急にしようと思ったのか気になりますが、実はMark Roberさんはクッションの弾丸を打ち出すオモチャ「Nerf」の巨大バージョンも過去に作っています

Video: Mark Rober/YouTube

あっ...素晴らしい遊び心を持ったエンジニアなんですね。

Image: YouTube 1, 2
Source: YouTube 1, 2

Andrew Liszewski - Gizmodo SPLOID[原文
(塚本 紺)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE