ValveのVR用「ナックルズ・コントローラー」なら仮想空間でピースサインができる 1
Image: Cloudhead Games/YouTube

今後はVRでグワシも可能に!?

VRの世界では、すでに次世代コントローラーと呼ばれるものが出始めているようです。Valveが開発中のVR用「ナックルズ・コントローラー」は、コントローラーを持ちながら任意の指を閉じたり開いたりすれば、VR内に表示された手が同じ動きをするというもの。簡単に言うと、VRの中で好きなハンドサインをすることが可能なんです!

そのコントローラーとはどんなものなのか、2012年からVRの開発しているスタジオCloudhead Gamesが試作品で遊ぶ様子をどうぞ。

Video: Cloudhead Games/YouTube

従来のVRコントローラーよりも新しいのは、まずグリップ部分のヒモを引くと手のひらに固定されるところ。これだと、ちょっとくらい手をフリフリしてもスッポ抜けることはありません。

そして最もユニークなのが、VR内でハンドサインができるところですね。親指を立てる「グッド」も、2本指の「ピース」も、ヘヴィメタルで使う悪魔の角こと「メロイック・サイン」だってVR世界でできてしまいます。

仕組みは至極カンタン。コントローラーのセンサー部分に指が触れているかどうかを検知し、触れていない場合はその指は立っているだろうと見なされているのです。

今までだと、ほぼ銃を構えるかグー・パーの形しかなかったVR内での手のグラフィックですが、このように指の動きを認識して手に表情が出ることでとても没入感が増します。マルチプレイ型のVR用FPSなんてのがあれば他のプレイヤーに感情や指示を伝えるのも楽チンになりますね。

Microsoftの「HoloLens」MRヘッドセットで「スーパーマリオブラザーズ」をプレイする猛者現わる

Image: YouTube
Source: YouTube

岡本玄介

あわせて読みたい

    powered by CXENSE