大麻がなくなっちゃった? 自販機で買ってきなよ!

大麻がなくなっちゃった? 自販機で買ってきなよ!
Image: Vocativ

うっかり大麻を買い忘れちゃった! 自由の国アメリカはそんな心配とサヨナラするようです。

医療用大麻を扱うAmerican Greenは、生体認証機能の付いた自動販売機、American Green Machineをカリフォルニアに設置しました。指静脈認証で個人を特定するシステムで、日本では企業のセキュリティなどで採用されています。ミッションインポッシブルでも似たようなセキュリティがあったような、なかったような…。

クリアしたら商品をゲットできるミニゲーム機能なんかもついてるらしいです。高橋名人は一生飲み物に困らないかもしれませんね。大麻以外にもお酒、弾薬、カジノのチップといったアメリカで生活するには欠かせない商品の販売するそうですよ!

Video: CNET/YouTube

すでにIDカードを用いた大麻の自動販売機、ZaZZZを実用化していたAmerican Green。最終的には自動販売機の前に立っただけで欲しいものが出てくる世界を目指すのだとか。生体認証のセキュリティが本当に安全なものかという質問には「水辺には蛇がいるものというように、ネットにつながったものはなんだってハッキングされる可能性がある」と、若干開き直り気味な返答。

そもそも酒やらクスリやら弾薬やら、自動販売機で販売する必要あるんですか? という根も葉もない質問には、次のように答えています。「狩りをしに田舎に行ってから弾薬を忘れてきたことに気付いたら、そんな時にこの自動販売機があったならば、休暇を滞りなくエンジョイできるだろ? (ドヤ顔)」

1 大麻がなくなっちゃった? 自販機で買ってきなよ!
Image: Vocativ

American Green代表のDavid Gwytherは「Pan Pacificと協力して4年以上になる。これらの自動販売機は生体認証に加え、スマートフォンやアプリを使った支払いもできるようにしていく」と述べています。州ごとに煙草や麻薬の扱える場所や年齢が違うアメリカですが、この自動販売機はその州のルールに対応する形で全土に設置していくそうです。

一見すると異文化すぎて入ってこないニュースですが、生体認証による本人確認は国内でも広く活用できますよね。航空券の代わりに生体認証を用いる航空会社生体認証で犯人を追うドローンがあるくらいですから。

Image & Video: Vocativ, CNET via YouTube
Source: American Green, BBC News

(瀧川丈太朗)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE