2017年モデルの新型「Apple Watch」は全く新しい形状になる…? Apple業界の重鎮ジョン・グルーバー氏が語る

2017年モデルの新型「Apple Watch」は全く新しい形状になる…? Apple業界の重鎮ジョン・グルーバー氏が語る
Image: Alexey Boldin/Shutterstock.com

むむ、どんな形状なのか…。

2015年4月に発売され、2016年9月には後継モデルが登場した「Apple Watch」。第2世代の「Apple Watch Series 2」では外見上の変化がほぼなく、がっかりした方もいるかもしれません。しかし、どうぞご安心を。今年登場するであろう新型Apple Watchでは、外観のフルリニューアルがあるかもしれないんです。

Apple(アップル)業界の重鎮で、ブロガーのジョン・グルーバー氏によれば、2017年に登場する新型Apple Watchは完全に新しい外観が採用されます。グルーバー氏はその情報源を明かさず信頼度は不明だとしていますが、「新型Mac Pro」の公式情報を入手するほどAppleに近い彼ですから、その報告には耳を傾ける価値があるといえそうです。

さらに、2016年4月にはすでに実績あるアナリストことミンチー・クオ氏が「Apple Watchの大幅デザイン変更は2017年になる」と予測していていました。クオ氏の先見の明も流石です…。そして2年ぶりのデザイン変更と言えば、iPhoneにも見られる周期ですね。いわゆる「Tick-Tock(チクタク)」モデルと呼ばれる、デザイン変更と内部刷新を繰り返す周期をApple Wachも採用するのでしょうか?

なお新型Apple Watchは、LTE通信に対応し、iPhoneなしでも屋外での通信が可能になるBloombergが報道しています。さらに、血糖値の計測機能の搭載もあったりなかったり…? まぁ、LTE通信と外観の変更があるだけでも十分ですよね。

登場以来、丸みのあるスクウェア形状という独自のシェイプでスマートウォッチ市場に存在感を放ってきたApple Watch。次期Apple Watchでは薄型化などがあるにしても、このスクウェア形状は維持してほしいな〜というのが個人的な感想です。

Image: Alexey Boldin/Shutterstock.com
Source: Daring Fireball via Apple Insider, Bloomberg

(塚本直樹)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE