スマホの充電が切れた時の最終手段。握力つけながら人力で充電できるモバイルバッテリー

スマホの充電が切れた時の最終手段。握力つけながら人力で充電できるモバイルバッテリー 1
Image: Indiegogo

実質無限に使えるモバイルバッテリー。

外出先で必要になるのがモバイルバッテリー。でもモバイルバッテリーそのものの充電が切れたら、どうします? じゃあ、握力つけましょう!

クラウドファンディングのIndiegogoで出資を募っている「Energy Portable」は、なかなか心強いモバイルバッテリーです。

2600mAhのモバイルバッテリーで、レバーを手で押して引いてと繰り返すと発電ができる代物。握力測定器や災害時用手動発電懐中電灯なんかをイメージしてみてください。それらを足した感じ。ガシガシ発電と充電を同時に行なうこともできますし、蓄電しておき、後で使うことも可能です。

接続ポートはUSBで、出力は5V、電流量は2100mAとなっています。急速充電機能はついておりませんが、充電にかかる時間は壁のコンセントで充電するときとほぼ同じくらいです。

Video: Energy Portable/YouTube

たとえば、外出先で好きな女の子のスマホのバッテリーが切れたとしましょう。「よし、きた!」と腕をめくって腕筋をチラつかせながら、シャカシャカとレバーを動かして電力を注入してあげれば、相手とハッピーな関係を築けるかもしれません。また地震の多い日本では災害時用のモバイルバッテリーとしても最適ではないでしょうか? ほぼ無限に充電ができてしまうのですから。

キャンペーンページでは、今のところ資金の集まり具合があまり芳しくないですが、充電はしたいけど、待っている時間で握力も鍛えたいという、わがままな人にもぴったりのアイテムと言えるでしょう!

レバーの返しの強さとか、どうなんだろう...。

Image: Indiegogo
Source: Indiegogo, YouTube

(Doga)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE