これはっ! 「iPhone 8」前面がくっきりわかるケース入り画像が流出か

これはっ! 「iPhone 8」前面がくっきりわかるケース入り画像が流出か 1
Image: Evan Blass/Twitter

じっくり眺めてみましょ。

ここのところスマートスピーカー「HomePod」のファームウェアから情報が流出しまくっている、次期iPhoneこと「iPhone 8」。これまでは断片的な情報が多かったのですが、とうとうケース付きの新型iPhoneらしき画像が登場しましたよ!

今回の画像を投稿したのは、未発表スマホの有力情報を次々と公開しているEvan BlassのTwitterアカウント。ケース画像はiPhone 7/6s向けのほぼ同一製品がすでに販売されていることから考えるに、ケースメーカーのUrban Armor Gearの未発表製品のもののようです。Urban Armor Gearといえば、今年のWWDCの直前に、リリース情報から「10.5インチiPad Pro」の存在が明らかになったこともありましたね。

さて今回の画像ですが、やはり注目したいのは本体上部いっぱいにまで広がったディスプレイと、切欠き部分に存在するスピーカーやカメラ、その他のセンサー類でしょう。iPhone 8ではこれまでも、流出したアイコン画像などの情報から上部に「切り欠き」の入ったデザインになることが予測されていました。そして今回の流出画像で、その確率はさらに上がったように感じられます。左右に出っ張ったディスプレイに表示された電波アンテナやバッテリ残量表示は、噂の「分割(スプリット)ステータスバー」機能を連想させますね。

そしてディスプレイ下部に目を向けると、特に仮想ホームボタンのようなものは表示されておらず、単にホームスクリーンの切り替えアイコンだけが表示されていることがわかります。実績あるアナリストことミンチー・クオ氏は「iPhone 8ではTouch IDのディスプレイへの内蔵はキャンセルされた」と語っており、iPhone 8ではロックスクリーンに仮想ホームボタンを表示する必要がなくなったのかもしれません。となると、画面ロックにはやはり3D顔認証「Face ID」が利用されるのかな?

今回の情報については、元9to5Macのエディターで現在はBloombergに移籍したMark Gurman記者も「いい情報だね」と太鼓判を押しています。ということは、この画像がiPhone 8のほぼ最終形態となるのでしょうか…?

「iPhone 8」のカラバリはブラック、ホワイト、そして…カッパーゴールド?
iPhone 8の噂をぜ〜んぶつめこんだコンセプト画像が登場

Image: Evan Blass/Twitter
Source: Evan Blass/Twitter,The Verge

(塚本直樹)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE