タダは正義だ。「SMARTalk」は基本料0円で050番号が使える!

2013年8月 8日 22:00

1307-n-smart-title.jpg


通話料金が安いし維持費がかからないって…いいですよね!

スマートフォン×LTE時代になってからというもの、通話料金に異変が起きています。LTEの料金プランの多くは、それまでのLTEではない料金プランと比べて、通話料が割高になっていることが多いんです。

同じキャリア同士なら無料で通話できるというサービスもありますが、キャリアの電話料金は基本的に21円/30秒(auの「通話ワイド24」、ソフトバンクモバイルの「Wホワイト」などを使う場合は基本料金+980円の代わりに10.5円/30秒)。1分で42円、10分で420円。1時間も話していると2520円にもなります。

だからといって無料通話アプリを、プライべートからビジネスシーンまで使いこなすのはやや面倒ですよね…。そこで注目したいサービスが「FUSION IP-Phone SMART」と、これをiPhoneで使うためのiPhoneアプリ「SMARTalk」です。詳しくは下に書きますが、SMARTalkはAndroid版も開発中ですよ。

ここから先はiPhone版のSMARTalkで「FUSION IP-Phone SMART」を使うことを前提に話を進めていきますね。


無料で電話番号がもらえちゃう050サービス!


1307-n-smart-01.jpg


「FUSION IP-Phone SMART」はいわゆる1つの050 IP電話サービス。インターネット回線を用いて通話が行えるようになるシステム&サービスで、050ではじまる自分専用の電話番号が割り当てられるのが特徴です。

電話番号があるから、SMARTalkから、普通の携帯電話などに電話をかけられますし、友人や家族に「これ、新しい電話番号だから」と伝えれば、固定電話などからかかってきた電話にも出られます

ポイントは月々の月額基本料が0円なこと! 他のスマホ向け050系サービスは月々の使用料金がかかりますが、「SMARTalk」はタダなんです! 待ち受け専用な方だったらお金はいっさいかかりませんよ! 


電話料金も約60%もオトクな8.4円/30秒に


1307-n-smart-02.jpg


通話料金にもメリットありです。各キャリアの基本料金である21円/30秒はもちろん、プラスアルファなサービス料金の10.5円/30秒よりも安い、8.4円/30秒で電話ができちゃいます。

通話先は携帯電話、固定電話、そして国際電話をカバー。国際電話は消費税がかからないのでさらに安い8円/30秒。なお「SMARTalk」ユーザー同士なら通話料金はかかりません

残念ながら110などの緊急通報用電話番号に電話することはできませんが、これは他のIP電話サービスも同じことなので、現状は仕方がないといったところでしょうか。


使いやすくまとまったアプリのインターフェース


1307_smart_連絡先.jpg


スマートフォンに「SMARTalk」をインストールすると、「連絡先」のデータを自動で読み取ってアプリ内の「コンタクト」覧に入れてくれるので、手間をかけずに「SMARTalk」で電話がかけられます。


1307-smart-電話中2.jpg


コンタクト」で通話したい相手をタップすれば、すぐに電話がかけられます。


1307-smart-通話2.jpg


通話中は「キーパッド」「保留」「録音」のアイコンが現れます。カンタンに通話録音が行えますよ! これも無料でできちゃうのか!


違和感のない音質、という嬉しい違和感も


1307-smart-コーデック.jpg


通話中は気がつかなかったのですが、「あれ、今の電話ってキャリアの電話じゃなかったっけ?」とiPhoneの画面を見てしまったほど、通話音質が自然すぎる…! いや、IP電話って音質がちょっとあれなときあるじゃないですか。でも、「SMARTalk」は母音だけではなく子音もきっちりと聴こえてくるから会話がしやすいんですね。そのヒミツはノイズキャンセリング機能圧縮技術にありました。

ノイズキャンセリング機能は音声に紛れ込んだノイズを除去してくれる機能。雑踏の中で会話をしても、お互いにクリアな音声で会話できます。ざらざらしていないから話が進む進む。GOODです。

圧縮技術、すなわちコーデックにも注目です。音楽用のコーデックとしてはMP3が有名ですが、「SMARTalk」は3G/LTE用がiLBC、WiFi接続時にはG.711μ-lawという、音声用に適したコーデックを用いています。だからデータ量を抑えつつも声の音質がいい。またWiFi接続時は音声遅延も気にならないほどに改善されました。すごいなー。

さらにG.722というハイスピード回線用の高音質コーデックも使用可能。家庭のWiFi環境がいい方は、使用コーデックをカスタマイズするといいかもー。


かゆいところに手が届いている完成度の高さも魅力


1307-n-smart-03.jpg


SMARTalkはバッテリーに優しい仕様というのも魅力ですね。常に着信状態を見張っているアプリと違い、サーバー側からの通知時にのみ働くプッシュ通知に対応しているから、余計な電力を消費せずにすみます。

また留守電機能や着信転送機能も装備。留守電機能に関してはメールで留守電の録音データ(WAV形式)が送られてくる設定も可能なので、パソコンで再生することも、管理することも可能です。


そして期待のAndroid版が! ついに!


130806_smartalk_android.jpg

開発中のAndroid版スクリーンショット

そして冒頭で少し書きましたが、今まではiPhone版しかなかった「SMARTalk」のAndroid版の開発が急ピッチで進行中です。

8月中をめどにリリースとのことなので、リリース後すぐに使えるように、今からIP-Phone SMARTに申し込んでおくといいかもしれませんよ。リリースは公式Twitterアカウントでお知らせされるようです。

リリースされたらNexus 7などのWiFi専用タブレット&ファブレットでも050の電話番号が持てますね。もちろんAndroidスマートフォンでも使いまくれますよ!

「SMARTalk」を始めるのに一切お金がかからない上に、現在は「FUSION IP-Phone SMART」のお申し込みで漏れなく100円分(約6分ぶん)まで無料で通話ができちゃうサービスも展開中。「SMARTalk」がどれだけ使いやすいか、メリットがあるのかを実質完全無料でお試しできちゃうわけです。

これは…始めてみるしかないのでは! 電話番号入力が必要な懸賞とかでも、「SMARTalk」の050番号が活躍するでしょうしね!


スマートフォンの通話料をトコトン安くする | FUSION IP-Phone SMART

(武者良太)

お知らせ

この記事が気に入ったら「いいね!」してね