2015年現実に起こった?SF的な出来事まとめ

2015年12月29日 12:20

このエントリーをはてなブックマークに追加
             
                 
    

20151225futuristicpredictions.jpg


めまぐるしい速度で発展している科学と技術。そのスピードはもちろん2015年も加速し続けていました。来年もきっと「まあ遠い未来のハナシだろう」と思っていたことが現実となっていくのでしょう。2016年を迎える前にとりあえず今年なにがあったのかだけでも思い出しておこうということで、米GizmodoのGeorge Dvorsky記者が2015年に実現した18のSF的な出来事を選んでいます。


人工知能への警告


現時点では人工知能が脅威だと認識している人は少ないかもしれません。しかし、著名な思想家や専門家たちはすさまじい進化をつづける人工知能のリスクについて広く議論していくべきだと声をあげています。


20151225futuristicpredictions1.jpg

ターミネーター:新起動/ジェニシス(2015)


1月にはスティーブン・ホーキング氏やイーロン・マスク氏が、人工知能のリスクに関する公開状に署名。文書を取りまとめたのは非営利団体の「Future of Life Institute(FLI)」。同団体は、進歩しつづけるテクノロジーがもつリスクに対処し、それらが社会的な利益をもたらすよう人工知能に監視の目を向けていくよう呼びかけてます。AIの発展によって多大な恩恵を受けることができると十二分に認識しているからこそ「禁止しよう」といった考えをしているわけではないことがわかります。

公開状のなかでは次のように述べられていました。


人工知能システムを強力かつ人間にとって有益なものとするための研究は、今こそ考えるべき重要な問題です。これから追求すべき研究のしっかりとした方向性はすでに多く存在しています。


数カ月後にFLIはもうひとつの公開状を発表。その中身は自律型兵器の開発競争をやめるよう訴えるもの。彼らは人工知能兵器について「人間の意思を超えた自律的な兵器」と表現しています。署名したのは先ほどと同じくスティーブン・ホーキング氏やイーロン・マスク氏、ほかにもスティーブ・ウォズニアック氏や哲学者であるノーム・チョムスキー氏、MITの物理学者Max Tegmark氏など。そのなかで何より問題視されているのは自律型兵器が人間のコントロール不能な状態に陥ってしまうこと。意図的かいなかに関わらず、人間に自律型兵器が攻撃を加えてしまう可能性もあるのです。

10月には専門家たちが人工知能の危険性について国連の会議で話し合いを行ないました。会議にはTegmark氏とオクスフォード大学の心理学者Nick Bostrom氏が参加。人工知能がわたしたちの社会をよりよい方向に導く可能性を有しているとしながらも、容易に人類の手には追えない脅威に転じてしまうことも指摘されていました。


20151225futuristicpredictions2.jpg

TVロボット「Humans」(2015)


関連する(?)ニュースとして、セックスロボットを禁止するべきだとするキャンペーンもありました。ロボット倫理の専門家Kathleen Richardson氏と情報科学を教えるErik Billing氏が、セックスロボットの開発に対して「男女間の不均衡を強化し、再生産している」としてノーを突きつけたのです。これに対して、「テクノロジーが新しい包括性や法のあり方、社会の変化について掘り下げる機会をくれるのだ」と反論する人も。これから世界中でどういった議論が広がっていくのか、来年も目が離せません。


ついにホバーボード(のようなもの)がやってきた


今年6月にレクサスがホバーボードの予告映像を公開、かすかな煙を漂わせながら宙に浮くホバーボードの映像にすっかり見入ってしまいました。



SLIDE」と名づけられたホバーボードは、白煙を発生させていた液体窒素で冷却された超伝導体と永久磁石を組みあわせた仕組み。その後、ホバーボードは特別な金属の上でのみ走行できること、予告動画のようにコンクリートの上をすいすい滑ったりはできないことがわかりました。これにはちょっとだけ残念な気持ちになった人も多いかもしれません。

とはいえ、半分セグウェイのほうじゃない浮くほうのホバーボードがこれからどうなっていくのかを考えるとやっぱり胸が高鳴ります。


ネット経由で脳信号をやりとりしてゲーム

ワシントン大学Institute of Learning & Brain Sciencesは、脳からのシグナルをインターネット経由で相手に送信してQ&Aゲームを行なうことに成功しました。実施したゲームは出題者が思い描いたものを解答者が推測して当てるもの当てゲーム


20151225futuristicpredictions3.jpg

Architecture of the BBI and “20 questions” experiment (Credit: A. Stocco et al., 2015)


実験では出題する側のスクリーンに解答となるもの(「犬」や「ティラミス」など)が表示されます。解答する側は「それは空を飛びますか?」などの質問を選択肢から選び、出題する側は異なる頻度で点滅するLEDライトのどちらかに意識を向けて「はい」か「いいえ」を指定します。

この実験の結果、解答者はちゃんと正解を導きだすことに成功、コミュニケーションが成立したのでした。実験で用いたBrain to Brain Interface(BBIシステム)は非侵襲的な(人体を傷つけない)仕組みで、情報の処理や送信を行なうコンピューター、EEG(脳波を測定するデバイス)、経頭蓋磁気刺激法(TMS)で構成されています。


世界最年少、2歳児の脳が冷凍保存される


20151225futuristicpredictions4.jpgImage credit: Naovaratpong family


今年1月にタイ人の女の子Matheryn Naovaratpong(愛称はアインズ) ちゃんが冷凍保存処置を受けました。2歳での冷凍保存処置は世界最年少です。手術を担当したのは人体冷凍保存(クライオニクス)の研究で有名なアルコー延命財団で、アインズちゃんは当団体における134番目の患者となりました。

アルコー延命財団は次のような声明を発表しています。


Matherynは胎児性脳腫瘍と診断されていました。工学博士でもある両親は効果的な治療を探し回り、化学療法や放射線治療、数えきれない手術を行なってきましたが、彼女の容態が回復することはありませんでした。現在の医学ではMatherynの余命が数週間から数カ月だということが明らかになると、両親は地理的な障壁を乗り越えて高度な冷凍保存治療(脳の冷凍保存をふくむ)を受けられるよう、アルコー財団と協力して手続きを進めました。


そしてアインズちゃんの父親はBBCの取材に対してこんなふうに話しています。


科学者として、いつか(彼女の蘇生が)実行されることに100パーセントの自信があります。それがいつになるか不明であるというだけの話です。以前は400から500年くらいかかるだろうと予想されていましたが、今では恐らく30年以内に現実となるとされています。


2013年にはアインズちゃんと同じく脳腫瘍を患っていた23歳のKim Suozziさんが、寄付で集めた資金をもとに自ら脳の冷凍保存を選択、多くの反響を呼んでいました。


トランスヒューマニストが米大統領選に立候補


20151225futuristicpredictions5.jpg

Image credit: Transhumanist Party


立候補したのはトランスヒューマニスト党の設立者ゾルタン・イシュトヴァン(Zoltan Istvan)氏。米Gizmodoにも熱のこもった記事を寄稿してくれていました。

イシュトバン氏は作家や哲学者、フューチャリストとして人間に進化や無限の命をもたらすテクノロジーの発展を主張しています。彼がテクノロジーによって達成できると考えているのは「死」という概念をなくすこと、そして人間の知的、肉体的、心理的な能力を拡張すること。彼は車輪のついた棺にみえるよう改造した古いスクールバスで、選挙活動を進めていました。


20151225futuristicpredictions6.jpg

バスには「Immortality Bus(イモータリティバス)」の文字が。


とはいえ、すべてのトランスヒューマニストが「Immortality Bus(イモータリティバス)」に乗って彼を支援したわけではありません。というのも多くのトランスヒューマニスト思想家たちは彼との関係性を否定し、自身のトランスヒューマニストグループで活動をしているからです。さらにイシュトヴァン氏の立場や行動はトランスヒューマニスト宣言(1998年に設立されたWTA、現Humanity+によって採択された宣言)に矛盾していることや、ワンマン運営のトランスヒューマニスト党は世間から好奇の目にさらされて、誤ったメッセージを広めていることなどが指摘されています。


医学誌に残る顔面移植に成功


20151225futuristicpredictions7.jpg

Image credit: NYU Langone Medical Center/Reuters


ミシシッピ州のボランティア消防士Patrick Hardisonさんが、医学史上もっとも大規模な顔の移植手術を受けました。41歳の彼に移植されたのは、自転車事故で亡くなった26歳男性の顔。顔全体や頭皮、耳や鼻、唇、下眼瞼などが移植されました。150人ものチームによる26時間の手術は無事に成功。Hardison氏は術後に顔をじろじろ見られることなく買い物ができるようになったこと、さらに新しいまぶたのおかげで目を閉じて眠れるようになったことなど喜びを語っていました。


ヒト型ライディングロボットが登場



ヤマハが発表したヒト型ライディングロボット「Motobot」。バイク本体には改造を加えることなく、あくまで運転するロボット自体の開発に力をそそいでいます。開発チームが掲げる目標のひとつは2017年までに時速200キロを超えること。動画ではオートバイレーサーのバレンティーノ・ロッシに「あなたを超えるために生まれてきた」と挑戦状を叩きつけている「Motobot」くん。最高に勇ましいです。


20151225futuristicpredictions8.jpg

(Image credit: Yamaha)


シリア内戦でスヴァールバル世界種子貯蔵庫から初の種子引き出し


大規模な災害や病気、核実験、隕石落下などに備えて820,619種類もの種子を保管しているスヴァールバル世界種子貯蔵庫。“未来”に備えて設立された施設ですが、思っていたよりもすぐに必要になるときがやってきてしまいました。今年9月、世界で初めてシリアが種子の引き出しを決断したのです。


20151225futuristicpredictions9.jpg

Credit: Landbruks- og matdepartementet CC BY-SA 2.0


引き出された種子サンプルは乾燥地域に強い小麦や大麦など。シリアの都市アレッポ近郊に位置していた種子バンクが、戦争の被害によって栽培を継続できなくなったのが理由だということです。来年にはどうか少しでも事態が好転してほしいと願ってやみません。


自己認識テストに合格したロボット


レンスラー工芸大学の人工知能と論理的推論研究室はロボットの自己認識について調べるため、NAOロボット3体にとある推論能力テストを実施しました。テストでは2体のロボットに 「dumping pills(飲むと言葉を発することができなくなる薬)」を、1体は偽の薬を投与されたと仮定します。ロボットたちが答えるのは、どのロボットが偽薬を与えられたロボット(つまり声を出すことのできるロボット)かどうか。問題のルールについては事前に学習させておきます。



動画では「どの薬を飲んだの?」という質問に対して「わからない」と右のロボットが声を出して解答しています。それにつづけて「ごめんね。今わかったよ。わたしは自分がdumping pillsを投与されていないと証明できるよ。」と発言。これは基本的な自己認識の例だといえるのだそう。もちろん、だからロボットは危険だ!といって怖がる必要はありませんが、ロボットに自己認識をシミュレートさせることが可能であることは確かなようです。


ゲノム編集治療で白血病から回復した赤ちゃん


20151225futuristicpredictions10.jpg

Image credit: Great Ormond Street Hospital/PA Wire


治療を受けたのは1歳の女の子Layla Richardsちゃん。グレート・オーモンド・ストリート病院で世界初のゲノム編集治療を受けました。白血病と診断されていた彼女の症状は、「デザイナー細胞」の移植後、快方に向かいつつあるとのこと。今回のようなゲノム編集治療は他の遺伝子疾患にも応用されていくのかもしれません。


20151225futuristicpredicions11.jpg

Image credit: Wellcome Images


今年の4月には中国の研究者がヒト胚に対するゲノム編集を行なったという論文を発表し、世界中で波紋を呼びました。ゲノム編集そのものを倫理的に疑問視する声もあるなか、ヒト胚への応用が発表されたことはバイオテクノロジー史においては重要な分岐点といえそうです。この論文をきっかけにデザイナー・ベビーにまつわるサミットも開かれるなど、大きな議論の渦が巻き起こりました。


新しい上司は人工知能?


20151225futuristicpredicions12.jpg

Image credit: Andrew Derr/Shutterstock


業務内容を理解し作業指示も出す人工知能を開発したと日立製作所が発表しました。倉庫管理を任せたところ作業効率が8パーセント向上したといいます。

中国からは労働者ゼロをうたう工場を建設中とのニュースも届きました。それは極端な例だとしても、あらゆる作業がロボットによって自動化されていく傾向はとどまることがなさそうです。


麻痺したマウスがインプラントで再び歩いた


スイス連邦工科大学ローザンヌ校が、麻痺したマウスの脊髄にインプラントを移植し、歩行機能を回復させることに成功しました。移植されたのはチームが開発した「e-Dura」と呼ばれるデバイス。



「e-Dura」は化学刺激と電気刺激を伝えることができ、高い伸縮性も備えています。最終的には人間にも応用されていく可能性もあり、長期間にわたって使える多機能インプラントの開発が期待されます。


デジタルの世界で永遠に生き続けるためのSNS

オンラインにおけるユーザーの行動を把握し、亡くなった後も人工知能が投稿しつづけるSNS「ETER9」が登場しました。自分がこの世を去ってからもオンラインでは誰もそのことに気づかないかも...。想像するとゾワッとします。


20151225futuristicpredictions13.jpg


今のところベータ版が提供されていて、すでに5,000人がアカウントを作成しているそう。デジタル世界のユーザーはデジタル外のユーザーがオフラインのときも常にアクティブ状態、コンテンツの投稿やコメント、スマイルボタンのクリックなどを行なうことができるそう。まさにオンライン上にもう一人の自分が存在しているような感覚...ちょっと試してみたい気もします。


脳に注射できるメッシュ状インプラント


20151225futuristicpredictions14.jpg

Image credit: Nature News/Nature Nanotechnology/Lieber Research Group/Harvard University


ハーバード大学の研究者が、脳に直接注射できる導電性メッシュを開発したと発表。このメッシュを埋め込むことで、脳の働きを観察したり、脳に刺激を与えたりすることが可能になります。将来的にはパーキンソン病をふくむ神経疾患にも応用していく予定だそう。


ロボットにどうやって怒るのかを教える


20151225futuristicpredictions15.jpg


ニュージーランドTouchpointグループがマシンラーニングを用いて、人工知能システムに怒りを理解させようとしています。これによって顧客のクレームに的確に対応してもらうことを目指しているのだとか。

Touchpointはロボットに怒りを再現させるため、客の苦情などを大量にデータベースへアップロード、その会話パターンを再現するようプログラムを組んでいきます。「Radiant」と呼ばれるこのシステムは、最終的に1億パターンもの怒りの表現を生成可能になる予定。Touchpointは顧客からの要望や苦情に対して、自動的にベストな応答を導きだせるようこれからも開発を進めていくそうです。人工知能なら1回くらい怒られてみたい気もします。


触感をそなえた人工皮膚


20151225futuristicpredictions16.jpg

Credit: Bao Research Group/Stanford


実際の皮膚のように感じて反応できる人工皮膚の研究において、スタンフォード大学が大きな一歩を達成しました。機械受容器をそなえた伸縮自在の人工皮膚「DiTact」は、静的なオブジェクトの力覚を受けとることができます。さらに実験では取得した情報をマウスの培養細胞に送信することにも成功。最終的なゴールは義肢に搭載することなのだとか。


地球温暖化の対処について同意


20151225futuristicpredictions17.jpg


地球温暖化への対処を話しあう「COP21」がフランスのパリで開催されました。長い交渉の結果、196の国と地域で温室効果ガスの削減に向けて行動することを示すパリ協定が採択されました。危機を乗り越えるためには国を超えて人類にとって意義のある取り組みをしていく。これこそがわたしたちの目指していくべき未来のあり方であってほしいと強く思います。


George Dvorsky - Gizmodo US[原文
(Haruka Mukai)

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら「いいね!」してね

お知らせ