もっともiPhoneが高い国は? 日本の安い物価が意外にも判明か…

2016年1月 8日 19:00

このエントリーをはてなブックマークに追加
             
                 
    

140917-Image3.jpg


やっぱりデフレなのかな?

ビッグマックを1個食べるために、どのくらい働かなければならないでしょう? そんな「ビッグマック指数」なる調査レポートを発表して有名になったUBS。世界71都市の最新調査結果を盛り込んだ「Prices and Earnings 2015」からは、意外なる日本の暮らしやすさも判明していますよ!

まずは、伝統あるビッグマック指数に目を向けてみましょう。もっとも世界で安くビッグマックを買えるのは、9分間の労働で購入可能な香港。しかしながら、平均10分の労働時間でビッグマックを1個食べられる東京は、ベルギーのお隣のルクセンブルクと並んで2位に入っており、世界でも群を抜く安い外食産業が育っていると指摘されています。

時代の流れを反映してか、Prices and Earnings 2015には、どのくらい働けばiPhone 6の16GBモデルを購入できるのかを比較計測した「iPhone指数」なる新データも盛り込まれていますね。全15の代表的な職種の平均給与から割り出されたiPhone 6の購買力ですけど……。

まずは、ワースト5から注目です。調査対象となった71都市のうち、もっともiPhone 6が高かったのは、ウクライナのキエフ。実に627.2時間という、週40時間労働ならば3か月以上働き続けて、ようやくiPhone 6を1台購入できるとされています。その次には、インドネシアのジャカルタおよびケニアのナイロビが、468時間でワースト2のタイ記録。インドのデリーの360.3時間、エジプトのカイロの353.4時間の順に続いていますよ。

一方、もっともiPhone 6を安くで買えるのは、スイスのチューリッヒ。20.6時間だけ働けば、iPhone 6が買えてしまう、世界最安の国とされています。ニューヨークも24時間と負けていません。片や3か月以上ひたすら働いて、ようやっとiPhone 6が購入できる国もあれば、わずか3日ほど働けば、余裕でiPhone 6を買える国もあり、この分野での貧富の差は非常に大きいようですね。

ちなみに、日本の東京のiPhone指数は40.5時間と、これまた世界でもトップクラスの安さを記録しています。日本はとっても物価の高い国~。そんなイメージが強いですが、実際に日本国内で暮らして働けば、わりと欲しいものを自由に買えてしまう、住み心地のよい国であることが浮き彫りになっているのかも。

ただし、残業などが多いために実働時間が長く、異様に世界でも有給休暇の取得が少ない国として、やはり日本の存在は際立ってもいるようですけどね。ヨーロッパで進んでいるとされる、1日8時間労働さえ見直して、もっと少ない労働時間で効率的なワークスタイルを目指す1日6時間労働制とかが、早く日本でも定着するといいのにな。


source: ETTelecom.com

(湯木進悟)

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら「いいね!」してね

お知らせ