iPodの寿命は4年?

    iPodの寿命は4年?
    その存在がささやかれている「アップルタイマー」に関して、人々がより多くの情報を欲しているようです。

    シカゴトリビューンは、

    Appleが「iPodの寿命は4年」と言った
    という記事を掲載しました。

    あいつぐ誤動作や不具合の報告に対して、Appleの広報Natalie Kerrisは、iPodの故障率は5%に満たないと回答したとのこと。ただし、この「故障」の範囲がどこまでを指すのか、たとえばバッテリーが、まだ動いてはいるものの、すぐに充電が必要になるといったものも含まれているのかは不明。

    また、 Kerrisは、iPodの寿命はせいぜい4年だと発言しました。まあ、こういう製品の寿命は、大抵3~5年と相場が決まっています。

    ところが、iLoungeのLarry Angellによると、寿命に関する部分は、シカゴトリビューンの完全な聞き間違いだそうです。

    実際にKerrisが語ったのは「four years(4年間)」ではなく「for years(何年も)」だとのこと。

    アップルタイマー、その真偽や如何に!?

    写真はpodstar.com提供。

    iPods have 4-year-life, says Apple [MacWorld]

    【関連記事】 「iPodはデジタルオーディオ界のPong」:マイクロソフトのジェイ・アラード副社長インタビュー

    【関連記事】 Fastmac:ダメになったiPodのバッテリーを交換

    【関連記事】 ハードディスクの余命が分かるかもしれない、フリーソフト「HDD Health」

      あわせて読みたい

      powered by