「ABACUS The magic of time 2-861049」:時計なのに針がない!?

    「ABACUS The magic of time 2-861049」:時計なのに針がない!?

    見るからに不思議な時計…

    まさに「The magic of time」(時の魔法)ですね。

    どうやって時間を表示しているのでしょう?

    ↓詳しくは、続きを読むで!

    ABACUS The magic of time 2-861049Cataloger

    061102abacus02.jpg文字盤に存在するのは、1個の金属球だけ。実は、ケース内(文字盤の下)に磁石付きの時針が回っているため、時針の位置で金属球がピタッと止まる仕組みなのです。メイン写真は、10時と11時の間に金属球があるので、10時半。

    シンプルな造りながら、ギミックあふれる腕時計。

    気になるお値段ですが、このタイプは29400円です。

    (※種類によって値段は異なります)

      あわせて読みたい

      powered by