人を殺さないけどれっきとした武器

    人を殺さないけどれっきとした武器

    ちょっとだけ、一度撃たれてみたいです。

    アメリカ空軍が10年の期間と4000万ドルの予算をかけて作った、この「Actice Denial System(以下ADS)」。非致命的な、相手を殺さない武器です。

    これは暴動鎮圧用に開発されたものだそうです。ADSはミリ波のビームを相手に発射します。このビームにあたると、人はまるで溶岩に触ったかのような痛みを感じるとのこと。

    テスト結果では、人間がこのビームに耐えられる長さは最長5秒。人によっては撃たれた部分が赤くなったり水ぶくれができたりするそうです。

    それにしても、今まで人類が受けたことのないようなアタックですね。副作用で超能力に目覚めちゃったりして。

    Say Hello to the Goodbye Weapon [via Wired News]

      あわせて読みたい