糸の切れたコップで糸電話

    糸の切れたコップで糸電話

    古きを訪ねて新しきを知る-。

    懐かしの糸電話そっくりのワイヤレスのコップ通信機器です。

    作ったのはアーティストのダンカン・ウィルソンさん。最大10フィート離れた友達とも、お話ができるみたいですよ。彼曰く…

    コードを引っ張ってギュッと握ったら、口や耳に当てて話しましょう。

    「Cup Communicator」のデザインは一連の物理的動作とジェスチャーの周辺に構築しました。そこにはポエティックな利用のエチケット、ユーザーと物体の間に生まれる触覚のふれあいがあります。

    使う人のジェスチャーを重視した製品開発をする中で私はユーザー同士、あるいはユーザーとモノの間の関係に製品ポテンシャルを探りたいと考えています。そしてそれはインタラクションの媒体であり、わたしたちがテクノロジーをどう使うか、今一度見直させてくれます。

    ほえ~、芸術系の言うことは宇宙語…わたしら凡人から見たら単なる「コップに入れたトランシーバ」なんですけどね…。

    ま、クールだから許したげましょー。 (編訳/satomi)

    cup communicator [Via Boing Boing]

      あわせて読みたい