「Digital Power Station」:快適なスピーカー環境を手に入れる

    「Digital Power Station」:快適なスピーカー環境を手に入れる

    ジョン・ボンジョビの従兄弟がこんな便利なものを作ってくれました!

    しょうもない音質のスピーカーが見違えるように変わる格安デバイスです。

    この「Digital Power Station(デジタル電力発電所、の意)」は音響エンジニア、トニー・ボンジョビが手がけた製品。中には、異様に質の高いイコライザーが入っているようです。

    もともとは冷蔵庫ぐらい大きなアナログ設備だったものをグンと小さなデジタル信号処理設備(DSP)に縮小。発売されたばかりのJVC KD-S100カーステレオに搭載しました。粗悪品のスピーカーでも運転の騒音に負けないぐらいの音が実現できます。

    このチップのアルゴリズムはソフトウェアでいじったり、ホームシアターに活用も可能なようですが、ボンジョビ自身には今のカーステレオ市場から特に拡張の予定はないそうな。

    音に強い一族なんですねー。 (編訳/satomi)

    New chip provides high-end sound even for low-end speakers [Gulf in the Media]

      あわせて読みたい

      powered by