用が足せるブリーフケース「Gotta Go Briefcase」

    用が足せるブリーフケース「Gotta Go Briefcase」

    「日本のヘン発明」として今アメリカで話題沸騰中。

    待ったなし! のトイレ・ニーズに、開けて座って用が足せるブリーフケースです。

    その名も「Gotta Go Briefcase」は、通勤電車や重役会議など毎日のビジネスシーンにすんなり馴染むマホガニーレザーのリッチな仕上がり。トイレットペーパーホルダー、プライバシーパネル、書類入れといった小粋なディテールに文化人の香り漂う画期的製品です。最大80kgまでサポート

    早い話、形だけブリーフケースの簡易トイレなんですけど、な~んか良く見ると、この新聞、どっかで見たような…。「羅府新報」って…あのロスの?

    海外発行の日本語新聞としては世界最古の1903年創刊、世界最大の日刊45,000部を超える邦字紙で、LA日系コミュニティで広く愛されてる新聞です(半分英語)。…てことは米国産?

    製造元「Niban Too Corp.」がどこの会社かサイトに尋ねてみたんですけど返事ナシでしたね。おい! (編訳/satomi)

    "Gotta Go Briefcase": The #1 Briefcase When You Have To Go #2 [American Inventors Spot]

      あわせて読みたい

      powered by