日本の地下鉄のために生まれた快眠ジャケット

    日本の地下鉄のために生まれた快眠ジャケット

    襟がクッションになる変なジャケット「Excubo」です。

    電車の居眠りに最適。まるで衝立てのような超ハイカラーで隣の人にも寝顔が見えないのがポイント…あなただけのプライバシー空間を約束します。…ま、かなり目立ちますけど。

    デザイナーのマシュー・ゲイル(Matthew Gale)は、この襟巻きトカゲのようなジャケットで、米国産業デザイナー協会の産業デザイン賞優勝に輝きましたよ? なんでも作ってみるもんですねえ。

    米ギズモードでの記事タイトルは、「地下鉄で寝る勇気のある男のジャケット」なんですけど、付いたコメント読んだら、

    「居眠りできる地下鉄なんて、世界広しと言えども、日本の地下鉄だけ」、「東京でマーケティングしろー」
    の大合唱♪ じゃあ、というわけで、ギズモード・ジャパンでは、このタイトルに。

    う~ん、アメリカ人から見たら地下鉄で頭グラグラ揺らして海草になりきっているあの状況は、よっぽどのカルチャーショックみたいですね。みなさ~ん、今日も地下鉄で居眠りできる平和な国に生まれた幸せをかみ締めましょ~。 (編訳/satomi)

    Excubo [Matthew Gales' Home Page]

      あわせて読みたい

      powered by