前代未聞!時速195kmで空を水平に飛ぶジェットマン(動画)

    前代未聞!時速195kmで空を水平に飛ぶジェットマン(動画)

    鷲羽山ハイランドで絶叫してるようじゃジェットマンにはなれません。

    空駆けるジェットマン、本名イブ・ロッシー(Yves Rossy)さんです。最近は「FusionMan」って呼び名がお気に入りのスイス人。

    背中につけてる翼は折りたたみ式で、元軍人と元パイロットの総勢約50人が7年がかりで開発しました。素材はケブラーとファイバーグラスですね。Jetcatエンジン搭載。2004年の初飛行では上空4000mから飛び降り、降下1500mで翼を広げエンジンON。ビュビューン! と、水平飛行しましたよ? 最大時速195キロ、水平飛行の滞空時間は約4分

    人間が翼広げて時速200キロ近い猛スピードで東京ドーム上空飛んでったら…驚きますよね。「あれは何だ!」「ジェットマンだ!」、昭和のアニメをやってしまいそ…。

    こんな超高速で水平に飛ぶ、生身の人間は飛行史上、例がないそうです。

    このロッシーさん、翼つける前はスケボみたいな板に乗って飛んでました。スケボの前は、体一貫スカイダイビング。でも、だんだん「落ちてくだけじゃつまんなくなった」みたいですね。

    スイス人といえば「ヨーロッパで一番つまんない国民」と思われがちですけど、それはたぶん映画『第3の男』の名台詞の刷り込み…覚えてます? 大観覧車でオーソン・ウェールズ監督扮するハリー・ライムが口にするこの言葉(以下直訳)。

    「イタリアは30年続いたボルジア家の支配の時代、戦争と恐怖、殺人、流血の中からミケランジェロとダ・ヴィンチ、ルネッサンスを生んだ。スイスは民主主義と平和が500年続いたが、何か生んだか? 鳩時計だけだ」 (参考:名画倶楽部

    これからは「鳩時計とジェットマン」と言い換えてあげなきゃね。衝撃の映像は「続きを読む」でどぞ。

    こないだアップした「 鉄腕アトムになれるジェットスーツ」がおもちゃに見えちゃいますね… (原文/satomi)

    FusionMan [FusionMan]

    【関連記事】 3000万円で、君も鉄腕アトムになれる!?

    【関連記事】 「八谷和彦 OpenSky2.0展」:ナウシカになって、東京の空を飛ぼう!

    【関連記事】 Fly By Wire: 25分の絶叫ツアー

      あわせて読みたい

      powered by