太陽の傾きに応じて、家全体が回るヒマワリ屋敷「Heliotrop」

    太陽の傾きに応じて、家全体が回るヒマワリ屋敷「Heliotrop」

    西日も南向きも関係なし。

    家本体がグルグル回る、冗談のようなエコハウスです。

    独・フライブルクのエコ建築家、Rolf Disch氏自らが設計、1994年から住んでるみたいですよ? 英字の建築デザイン専門誌『AZURE』が、今月エコ特集で紹介し、にわかに注目を集めています。自由の女神のトーチみたいですよね。

    屋上で光って見えるパネル、これで太陽の向きを追跡して、冬はフロントの三重ガラスが寒気を締め出すようにグルグル、夏は反対側の超断熱材で日射をシャットアウトするようにグルグル。年がら年中、室内を快適な温度に保ちます。

    続きを読む」で、この家の詳細へ、さらに迫りますよ!

    こちらが歯車の拡大写真。

    070417RolfDisch.jpg

    「こんなデカい家、開店させるだけでエネルギー使い切っちゃうんじゃ?」

    という、心配はご無用。

    この家は回るだけが能じゃないんです。ホレ、たとえば…。

    070417RolfDisch-tube.jpg

    バルコニーの手すり、これ、実は太陽熱でお湯が沸かせるバキューム管なんす。雨水タンクもあるし、台所にはコンポスト、下水処理設備は化学薬品を使わなくていいタイプ。それやこれやで総計すると家のエネルギー供給量は消費量の4~6倍になるんだそうな!

    ひょえ~、さすがエコ大国ドイツ、参ったー! (原文/satomi)

    Rolf Disch's Heliotrop Project Page(バーチャルツアーあり)[via Tree Hugger]

    【関連記事】 ドームハウス:食べられませんがエコです

      あわせて読みたい

      powered by