1960年の腕時計型スパイカメラ

    1960年の腕時計型スパイカメラ
    昔の腕時計型スパイカメラ「Tessina Cameras」です。

    Rudolph Steineckさんがデザインをして、特許を取得。スイスのConcavaという会社で1960年に製造されていたモノだとか。

    使用フィルムは通常の35mmで、400点以上のパーツから成り立っています。

    070417spycam2.jpg左は、アタッチメントのスイス時計をつけた様子を撮影した写真。もはや時計の機能はおまけで、カメラが主って印象です。

    当時の工作員が現代の携帯電話を見れば、あまりにも便利すぎて、きっと発狂してしまうでしょうね。 (かつどん)

    History of spy-cam watches[boing boing]

    p.s. いただいたコメントを受けて、「使用フィルムは16mmで」→「使用フィルムは通常の35mmで」と訂正を加えました。ご指摘ありがとうございます!

      あわせて読みたい

      powered by