2畳に敷き詰められたプラレール愛

    2畳に敷き詰められたプラレール愛

    この緻密さとパワー感は、今はなき交通博物館のHOゲージジオラマに匹敵していませんか?

    こちらはプラレールで立体的に、複雑なコースを組む一畳プラレール」さん最新作。立地面積は、約2畳といつもの倍になっているそうです。

    カーブの種類が少なく、微細なレールコントロールが難しいプラレールですが、これはもう芸術と言っていいのではないでしょうか? ぜひともCCDカメラを仕込んだ「TVで遊ぼう! 僕はプラレール運転手」の車両を走らせてほしいものです。

    他の角度からのショットは「続きを読む」でどうぞ! (武者良太)

    070517pr02.jpg

    070517pr03.jpg

    070517pr04.jpg

    一畳プラレール

    【関連記事】 バーベキュー用の汽車

    【関連記事】 おばあちゃんレーシングゲーム

    【関連記事】 次世代で速すぎるUSBメモリ(形だけ)

      あわせて読みたい