小さくて、軽くて、しかも回る…そんなノートPC

    小さくて、軽くて、しかも回る…そんなノートPC

    コチラで紹介し、かなり反響があった、工人舎本格派A5サイズ小型ノートパソコン「SA」シリーズ

    そのシリーズに、なんとタッチパネル搭載新モデルが登場しました。

    重さは990g。7インチの液晶を搭載。OSはまだまだ現役のWindows XP Home Edition SP2です。タッチパネルで操作しやすいように、液晶ディスプレイはぐるりと回転します。とにかく軽く小さいので、普段使いのバッグにそっと忍び込ませておくこともできますね。

    続きを読む」に別カットを載せておきます。

    070529KojinshaSA-02.jpg

    070529KojinshaSA-03.jpg

    070529KojinshaSA-04.jpg

    結構すごいのが、インターフェイスの豊富さです。USBが2ポート、3in1カードスロット、CFカードスロット、アナログCRTポート、有線LANコネクタ、内蔵マイク、オーディオ入出力、無線LAN、Bluetooth…。これだけあれば、外付けのポートは不要ですね。

    標準仕様ではメモリ512MB、ハードディスクは100GB。マイクロソフトオフィスが付属するモデルが12万4800円、オフィスなしモデルは10万4800円。ビジネスのお供にもいいですけど、デジカメで撮影した画像をためておくストレージとしても使い勝手よさそうです。 (三浦一紀)

    SA1F00W[工人舎, 楽天

    【関連記事】 竹から生まれたローハス系ノートの決定版「Asus EcoBook」

    【関連記事】 モトローラのモバイルノートは“ヒーター”がついている

    【関連記事】 2012年から来たHPのスリークなコンセプトモデルたち

      あわせて読みたい