おもちゃショー2007:SEGATOYSブースは、大人の香りで一杯

おもちゃショー2007:SEGATOYSブースは、大人の香りで一杯

本日、終日かけてお送りしてきた、おもちゃショーリアルタイム更新も、そろそろおしまい。最後に訪れたのは、ホームスターの大ヒットが記憶に新しいSEGATOYSさんのブースです。

その家庭版プラネタリウムから継承されてきたSEGATOYSの新しい血脈は、いまでも連綿と引き継がれている模様。さらに新しいリラクゼーションアイテムを次々と提案していました。

詳細は「続きを読む」で!

070628segatoys02.JPG

「ホームスター」が打ち立てた「癒しのオモチャ」というジャンルの正統な継承者…それは、この「TOKYO TOWER 2007」でしょう。

リアルすぎる造詣、そして本物と見まごうライティングなど、ありとあらゆる部分が、見る人の心を射抜きます。まさに東京タワーミニチュアの決定版ですね!

そんな発売直前の「癒し」にクローズアップしてみます。

070628segatoys03.JPG

塔の下の建物も、完璧に再現。本物だとこの中に、蝋人形館やら何やら、いろいろあるみたいですね。

070628segatoys04.JPG

塔の途中にあるライトなんかも、小さいながら、かなりリアル。芸が細かいです!

070628segatoys05.JPG

本当は「TOKYO TOWER 2007」以外にも、いろいろいっぱい素敵なアイテムがありました。でも、まだコンセプト段階のようなので、この場でお伝えするのは、やめておきます。

その代わり、「TOKYO TOWER 2007企画者の加藤さんに、少しインタビューをしてみました。

ギズモ : いやホントにリアルなアイテムですね。
加藤氏 : 3Dスキャンしてまで作ったものですからね、いまある東京タワーミニチュア製品で一番リアルなはずですよ。
ギズモ : でも、なんでこれを企画したんですか?
加藤氏 : ボクは大阪出身なんですけど、やっぱり東京って憧れなんですよ。リリー・フランキーさんも言っていたように、特に理由はないけど行ってみたい。そのシンボル的な存在が東京タワーなので、作る意義はあるかなと。
ギズモ : 実際、加藤さんには、東京タワーに関する思い出って、ありますか?
加藤氏 : いや、これを作るために何十回と訪れた場所ですからね。艶っぽい話ではないですが、十分思い出深い場所です。

こちらは、7月7日発売。気になるお値段は、1万円前後といったところです。

東京タワー2007 [セガトイズ]

■この商品を楽天で購入

■「東京おもちゃショー2007」関連情報の一覧はコチラ!!

    あわせて読みたい

    powered by