Leopard新情報のまとめ

Leopard新情報のまとめ

ジョブズ氏が基調講演で紹介したLeopardのポイントは10。

新情報は9つです。分かりやすくリストにしておきましょう。

・新型Desktop : ドックとメニューバーつき。これはバックグラウンドに合わせて修正可能。 ・Stacks : 要はフォルダー。でもアイテムがバンドルの束で見れるのが違いで、クリックするとポップアップが立ち上がりますよ? ・Network View : マック&Windowsのパソコンとファイルが、あたかも自分のマシンの中にあるものみたいに見れます。 ・Back to My Mac : 自分のコンピュータ全てのIPアドレスを.Macが覚えてくれるので、この.Macを使えばネット経由のコミュニケーションも可能に。 ・Cover Flow : OS X付属機能。今のiTunesのアルバムカバーみたいなリキッド・ムーブメント、あれが全ドキュメントで使えます。 ・Quick Look : エクセル、PDF、ワードの文書はアプリを立ち上げなくても見れちゃいます。この機能はFinderや、あとはTime Machineのようなブラウズ集中型アプリでも使えますよ? ・Leopardはすべて64ビット。でも32ビットのアプリも動かそうと思えばまだ動かせます。 ・iChat : 新エフェクト登場。公開数時間で世界的に有名になってしまったR2D2ホログラムなど。 ・Safari 3 Windows XP、Vista対応版がついに登場 : 「ずっと速い」という声もあるようです。

– Charlie White (原文/翻訳:satomi)

WWDC07基調講演 [Gizmodo]

    あわせて読みたい

    powered by