いつでもどこでも、衛星通信でブロードバンドが使えるボール

    いつでもどこでも、衛星通信でブロードバンドが使えるボール

    SFに出てきそうです。

    Paul Gierowが作ったこのボールの名前は「GATR-Com (ground antenna transmit and receive)」。衛星通信用のアンテナを積んでいて、いつでもどこでも、ブロードバンドの無線接続ができるようになっています。

    大災害などの緊急事態の際に使うことが想定されており、たったの15分で膨らませて使うことができるとか。気になるお値段は5万ドルです。 – Louis Ramirez (MAKI/いちる)

    A Big Ball of Connectivity [Pop Sci]

    【関連記事】 いつでもどこでもハンモック@9.9kg

    【関連記事】 移動キッチンで、いつでもどこでも快適料理

    【関連記事】 いつでもどこでもフロア体験!(動画)

      あわせて読みたい