痛車、痛単車とくれば痛自転車

    痛車、痛単車とくれば痛自転車

    車のように密室とはいかず、バイクのようにヘルメットを被るわけにはいかず、素の己を晒しながら2次元のあのコと人力でもって風を切る。ああ、人間の熱望と欲望と無謀はどこまでノーリミット?

    そんな文化が痛自転車です。痛車をハイカルチャーとするならば、こちらはサブカルなのでしょうか。

    さて「この世界もお金がかかりそう」と思われた方、ご安心を。

    続きを読む」をポチっとしていただければ「日本橋痛車連合 CCO Racing」の方々による、みなさまが大好きなDIY感に満ちた作品がご覧いただけます。またスポークホイール内にお好きな絵柄を仕込むテクを伝授してくれる「工房鳥坂 Ausf.F2」さんの作品もご紹介しましょう。

    ●「日本橋痛車連合 CCO Racing」さんに集められた作品の一部

    070616itacha01.jpg

    070616itacha02.jpg

    070616itacha03.jpg

    070616itacha04.jpg

    070616itacha05.jpg

    ●「工房鳥坂 Ausf.F2」さんによる、ホイール内に好きな絵柄を仕込むテクの抜粋

    070616itacha06.jpg

    070616itacha07.jpg

    070616itacha08.jpg

    070616itacha09.jpg

    (武者良太)

    痛自転車写真館 [日本橋痛車連合 CCO Racing]

    小径自転車改造記/痛チャリ編 [工房鳥坂 Ausf.F2]

    【関連記事】 外国人向けの秋葉原紹介ビデオ

    【関連記事】 自分がガジェットオタクなことを、どう大切な女性に伝えますか?

    【関連記事】 オタク、宇宙へ行く

      あわせて読みたい

      powered by