4色のフラッシュで写真を遊ぼう:「Lomography Ringflash」

    • Twitter
    • Facebook
    • LINE
    • はてな
    • クリップボードにコピー
    • ×
    • …
    4色のフラッシュで写真を遊ぼう:「Lomography Ringflash」

    オーラカラーを映した写真みたいですね。

    さて、このたびLomographyから、 Ringflash(リングフラッシュ)が発売されました。これをカメラのレンズに取り付けて使うと、赤・青・グリーン・黄色の4色が、それぞれ違う色合いを被写体にあたえてくれますよ。もちろん単色のフラッシュとしても、使えちゃいます。でも、メーカーは4色の違うライトで、かつ、思いっきり接写することをすすめています。この、トリッピーな視覚効果が、ちょっとおもしろいんじゃないですか?

    どんな写真になるか? 興味ありますよね? 「続きを読む」をクリック後に、写真をご用意したので、みてみてください。

    070715lomo2.jpg

    リングフラッシュは、もともとは虫などの小さい物体をマクロ(近接)撮影をするために開発されたもので、通常のフラッシュヘッドと違い、被写体にレンズ方向から均等に光りをあて、なるべく影を作らないように撮影するためのフラッシュで、この「Lomography flashring」は、さらにマルチカラーな光りの効果をあたえたり、いろんなテクニックを楽しむ事ができちゃいます。

    ただ、このリングフラッシュを使うには、Lomographic の特別なカメラをじゃないと使えません。でも、こちらもリーズナブルなお値段で購入できちゃうから、セットで買っちゃうとか!?

    ところで、Lomographyってどんだけ? と思ったりしています? ちょこっと説明すると、これは、もともとはロシア製のスパイ用カメラで、今では多くの写真家の生き方そのものになっています。自由に写真を撮ることを推奨し、写真の難しさのハードルを下げてくれたから、世界中にLOMOファンがたーくさんいるんですよ。そして、Lomographic Societyのスピリットを感じられる、独自の10か条のルールを提案しています。10ルールズにご興味があったら、よんでみてください。 (訳: junjun )

    1 : LOMOカメラをいつでもどこでも、一緒にもっていって

    2 : お昼も夜もいつでもつかって

    3 : Lomographyはあなたの人生の一部です

    4 : ヒップから撮ってみて

    5 : 被写体に好きなだけ可能な限り近づいて

    6 : 何も考えないで、本能のままに!

    7 : 素早く

    8 : 何を撮ったかなんて、考えなくていいよ

    9 : どんな写真になるかなんて撮る前にかんがえないこと

    10 : ルールなんて無いさ

    Product Page

    【関連記事】 1960年の腕時計型スパイカメラ

    【関連記事】 この形状の隠し撮り専用クロックにご用心

    【関連記事】 8つのレンズがついた「OKTOMAT」