ディーゼル + 電気 の ハイブリッド電車 がいよいよ運行開始!

    ディーゼル + 電気 の ハイブリッド電車 がいよいよ運行開始!

    すでにJR東日本は燃料電池ハイブリッド車両を開発中ですが、今回のはディーゼル車のハイブリッド、キハE200形です。

    電車は電気で走るのでCO2を排出しませんが、電化されてない区間もまだまだあります。従来ディーゼル車が走っていたところにハイブリッド車を投入すると、燃費性能向上、排出ガス低減になるんです。

    今回投入される区間は小海線の小淵沢~小諸間。JR鉄道最高地点をもつ路線で、近くには野辺山天文台があるところ。空気がクリーンになると、星空が綺麗に見られるようになって良いですね。

    続きを読む」で、そんな豊かな自然の中を駆け抜ける、キハE200形の姿を置いておきます。

    070706hybrid2.jpg

    070706hybrid3.jpg

    ところで「キハE200」ってなんの略なんでしょう? キは気動車のキ、ハは普通車を意味するそうです(参考:「王子の住処」)。ハイブリッドだからモーターも付いてますが、それはEで表しているようですね。

    営業運転は7月31日開始予定です。 (野間恒毅)

    UPDATE : 「E」はJR東日本(EAST)の頭文字でした。Anonymousさん、ご指摘ありがとう!

    プレスリリース(※pdf) [ JR東日本 ]

    【関連記事】 ハイブリッドカーなF1が登場?

    【関連記事】 ペダル発電+充電で走るトヨタのハイブリッドカー

    【関連記事】 電気? ハイブリッド? 選べる三輪オート「VentureOne」

      あわせて読みたい

      powered by