世界最速!IBMが2億ドルかけてペタフロップのスパコンを作っている

    世界最速!IBMが2億ドルかけてペタフロップのスパコンを作っている

    完成すると世界最速、ぺタフロップの壁を破る初のコンピュータの誕生となります。

    リークした政府内部の文書で、IBMが2億ドルを投じてペタフロップスーパーコンピュータを構築中であることが分かりました。発注主は全米科学財団(National Science Foundation)。

    ペタフロップ(petaflop)というのは、毎秒1000兆回演算処理ができる、という意味ですね。訳者1000兆人束ねるより遥かに速いです。

    完成後コンピュータはシカゴに安置する予定。構築に2億ドル、5年の製品寿命の間にかかるメンテ管理費は4億ドル超! なんと、構築費の倍もかかるんですねー。

    これだけの金食いマシンですから、用途も地球温暖化のシミュレーションであるとか(60fpsでCrysisプレイするとか)、常人の想像を絶する途方もない科学プロジェクト限定となるそうな。クアドコア(4CPU)のXPSのタワーが急にちっちゃく見えてしまいますね…。

    [Boston via The Raw Feed]

    - ADAM FRUCCI(原文/翻訳:satomi)

    【関連記事】 500万ドルのスパコン「Cray Y-MP」も今では赤ちゃん家具…

    【関連記事】 D-Waveが量子コンピュータの実用化モデルを公開

    【関連記事】 IBMの新CPUはいきなり倍の4.7GHz

      あわせて読みたい