インテルとOCCが作ったサタンのバイク

    インテルとOCCが作ったサタンのバイク

    ニコラス・ケイジが顔面メラメラ燃やしてまたがってきそうなチョッパーでございます。

    これは、インテルのバイクのリアル版。製造はバイク工房オレンジ・カウンティ・チョッパーズ(OCC)が手がけました。

    俗称「Satan's ride」の名の通り、まるで2046年の未来から迷い込んだSatanのような威風に圧倒されます。4つのデュアル Vツインモーターと、インテル製4コア・プロセッサ複数を搭載。なんに使うか? ですが、リアビューのカメラ表示ディスプレイ、スピードメーター、各種バーチャル計測器、ウェブ専用ブラウザStreetDeckインフォテインメントなど動かしてるんですねー。イエス様も嫉妬の充実度?

    まだありますよ? エンジンかける時には指紋読み取り機にただ指を乗せてバーチャルなイグニッション用ボタンを押すだけ。 あと、そうそう、オンスクリーンのキックスタンド・コントロールもついてます。

    うーん、ゴーストライダーにあってインテル&OCCのチョッパーにないのは燃えるタイヤだけ!?

    興味のある方は公式サイト右手に動画「Chopper Video」があります。開いて右がセカンドライフ、左がリアルの製造工程ですよ?

    [Intel via Mystic Gadgets]

    -JASON CHEN(原文/翻訳:satomi)

    【関連記事】 セグウェイほど変人に見えないセルフバランスのバイク「Tango」

    【関連記事】 Sandisk、ドゥカティバイクのデザインをあしらった「速い」USBメモリやSDカードを発表

    【関連記事】 MTT「Turbine SUPERBIKE」:最高時速402Kmのジェットエンジンバイク

      あわせて読みたい

      powered by