コンセントに咲く花:「Plug Light」

    コンセントに咲く花:「Plug Light」

    うーん、ほれぼれ。

    デザイナーFelix de Pass氏は、異なった有色材料でフィラメント(金属繊維)を作り、その構造と設計によって、美しい電飾花を咲かせることに成功しました。

    設計はというと、真空管にフレキシブルなサポートを付けてプラグをそのまま壁に差し込むだけ。ご覧の通り見事な花「PlugLight」が咲きます。

    しかしあれですね、結局のところ魅力的なデザイン照明は、細やかな装飾を楽しむ人の手によって作りあがるものなのでしょうね。ろうそくから電球へ、電球から蛍光灯へ、LEDへと変わるこの時代で、Felix氏のおかげでどうにかやっとこさ電球は花開く道を作れたのでしょう。良かったですね。

    -CHARLIE WHITE(原文/翻訳:yuka)

    Felix Pass, via Yanko Design

    【関連記事】 太陽を封じ込めたガラスの壺「サンジャー」

    【関連記事】 沈没ランプ「Titanic」

    【関連記事】 エロかわいい「セクシーランプ」

      あわせて読みたい