爆発するメタルでできた、何度も爆発する爆弾

    爆発するメタルでできた、何度も爆発する爆弾

    米軍が何度も爆発する爆弾を開発しました。

    まず弾頭本体が爆発します。

    続いて榴散弾(砲弾の断片)がなんかの表面に接触するたび爆発。

    さらにその破片がこれまた触れるものを片っ端から爆破する、という3段構え

    結果は・・・ご覧の米海軍が最近行ったテストの写真のような火炎地獄です。

    この爆弾は反動素材(reactive materials)でできていて、破壊力はクラスター爆弾並み。でも、爆破「後」の処理はそんなに危険ではありません。クラスター爆弾だと民間人が攻撃で死んでしまうばかりか、不発パーツが残っていた場合、後になって爆発して死傷を負う懸念があります。その点こちらは、爆弾内のもの全てが衝撃で分解(破壊)しますから。仮に残っても除去簡単なんだそうな。

    海軍も陸軍も反ミサイルシステムに採用したがってますけど、空軍のバージョン「BattleAxe」は純粋に攻撃用に開発されたもので、2009年テスト完了予定です。Robert Duvall監督ならこう言うところでしょうか。:

    070816Bomb2.JPG

    「ああ、朝はメタルのこんがり爆発する匂いが最高だ」

    メタル砲は米軍の次なるナパーム、勝利とベーコンの匂いがします(訳注:この辺の感覚はついていけないな)。

    [Popular Mechanics]

    -JESUS DIAZ(原文/翻訳:satomi)

    【関連記事】 地雷を無効化する毒ダーツ「Venom」発射!

    【関連記事】 空飛ぶ爆弾処理ロボットPackBotが大ピンチ!(動画)

    【関連記事】 爆弾型貯金箱

      あわせて読みたい