「ダビング10」対応予告がついた東芝の新型レコーダ

    「ダビング10」対応予告がついた東芝の新型レコーダ

    東芝からついに「ダビング10」対応のレコーダが登場です。

    これまでのレコーダは、地上デジタルは録画できるけれどDVDには「移動」しかできない「コピーワンス」でしたが、総務省では現在「コピー9回、移動が1回」で合計10回ダビングできる「ダビング10」という仕様を検討中。現時点ではまだ正式な仕様が決まったわけではありませんが、東芝の新レコーダは「仕様が決定した後にバージョンアップで対応する」という予告がつきました。

    製品はDVD/HDDレコーダだけではなく、VHS録画にも対応した3 in 1モデルも用意。長く使い続けることを考えると、1回しか移動できないコピーワンスより、少なくとも9回はコピーできるダビング10対応も、製品選びの選択肢に入れておきたいですね。

    製品情報[東芝]

    (山沢健太郎)

    【関連記事】 「DN-MRC100」:メモリカードビデオレコーダー/プレーヤー

    【関連記事】 DVD DLにも対応したHDD搭載DVDレコーダー

    【関連記事】 映画を見るのに最適なBlu-rayプレイヤー

      あわせて読みたい