iPod touchのカレンダーから追加ボタンが消えた件

    • Twitter
    • Facebook
    • LINE
    • はてな
    • クリップボードにコピー
    • ×
    • …
    iPod touchのカレンダーから追加ボタンが消えた件
    Amazonブラックフライデーセール開催中!<いますぐ会場へ>

    事件でございます。

    iPod touchのカレンダーから「イベント追加機能」のボタンが消えちゃいました。「iPhoneとOSとアプリのフレームワークは同じなのに何故?」と、ちょっとした騒ぎになってます。

    アップルの製品サポート・フォーラムと製品解説のページで分かったようですね。該当スレはこちら(ものすごい投稿数!)。最初はiLoungeがサイトに公開した「iPod touch初見ギャラリー」の写真(上)に対する問い合わせから始まったようですね。

    言われてみりゃ、確かにアップル米版サイトのiPod touch製品機能紹介のページからも、「予定を入力(entering calendar events)」という3文字が消えてます…。下のスクショでご確認ください(英語ですが)。

    080910iPhone-calender-US.JPG

    ところがアップルの国際版 (カナダ英国スペインフランス)には上の米国版の元の文章が残っていて、そこには3文字がバッチリ残っているのです。

    スクショ以下でどうぞ。

    080910iPhone-calender-international.JPG

    [最終行冒頭に…ありました! entering calender event とあります!!]

    む~、つまりは最後の土壇場で取り去って「iPhoneは仕事用、touchは遊び用」と差別化を明確に残したんでしょうね。まあ、iPod touchはiPhoneのサードパーティーのアプリも全部使える 原文)ようですから、ハッカーたちがすぐなんとかしてくれるでしょうけど…て、そういう問題じゃないか…。

    [Update:9/10 04:37AM]

    米版GIZMODO読者が「マイクソフトも似たような製品セグメント化をやってるよ」と教えてくれました。例えばWindows HomeにはIISコンポーネントが入っているのにOSハックしないと使えない、とか。まあ、だからと言ってわざわざ使える機能を使えなくするのは消費者から見て正しいかどうかは相変わらず疑問ですけど…。

    CSRブルートゥース・チップを外してiPod touchをiPhoneより安くした、というのなら理解できます。コスト切り下げで利益を上げるのは株主に対する責任ですし。でもでもプログラムからコードを1行とって、それでiPhone買わせるのは…せこい…。レッドモンド(MS)ならいざ知らずクパティーノがそんなことするなんて驚きです。株主に対すると同様、僕ら消費者にもリスペクトが必要だと思いますね。

    もちろんアップルの選択ですから、他人がとやかく口出しすることじゃないですけど、これまでMac OS X vs Mac OS X Serverでもこんなことは一度もなかったと思います。セグメント化戦略は構わないんですが、iPhoneにはEDGEもSMSもブルートゥースもあるし、それでもう十分、今の100ドルの価格差に見合う差別化ではないでしょうか? こんなソフトに細工を施しても客が嫌がるだけですって。

    スレッドでも反対の声が高まってるようですし、なんとか発売までに僕らの声、聞き届けてもらえるといいんだけどなあ…。

    JESUS DIAZ(原文/翻訳:satomi)

    [Thanks Jason]

    画像ソース : iLounge

    【関連記事】 iPod nanoとiPod Classicを解剖、新旧比べてみよう

    【関連記事】 iPod touch上でも、iPhone用の各種サードパーティ製アプリは動くかも

    【関連記事】 APPLEイベント、LIVE更新の記録