スパコンを安価に自作

スパコンを安価に自作

スパコンって、結構安く作れちゃうんですね。

Tim Bromが作った「MicroWulf」は、処理速度26.25ギガフロップスの手作りスパコンです。4つのマイクロATXマザーボードをベースにし、各マザーボードにはそれぞれデュアルコアCPUと2GBのRAMが搭載され、マザーボード間はイーサで接続されています。

かかったコストは…たった2500ドル。今なら1256ドルくらいで作れるかもしれないとの事です。ネタ元に詳細な部品リストがあるので、燃えた人は挑戦してみてはいかがでしょうか?

[Oh Gizmo!]

MATTHEW SPARKES(MAKI/いちる)

【関連記事】 世界最速!IBMがペタフロップのスパコンを作っている

【関連記事】 500万ドルのスパコン「Cray Y-MP」も今では赤ちゃん家具…

【関連記事】 世界で最も豪華絢爛なスーパーコンピューター

    あわせて読みたい

    powered by