Google Phoneについて判明した新事実

    Google Phoneについて判明した新事実

    近い将来、Google対アップルという世界大戦があるのかもしれません。

    Google Phone実在の可能性を示す証拠は、日に日に数を増していくばかりです。公式にはなんの発表もないものの、ここまでくると大体確実といえるのではないでしょうか?

    Boston Globeによると、BostonのCambridge地区にあるGoogleラボで、Googleの重要人物Rich MinerがGoogle Phone用ソフトウェアを開発しているとか。Rich Minerはごく少数の企業家やベンチャーキャピタリストには、Google Phoneを見せているらしいです。NDAにサインした人もいればしなかった人もいるそうです。

    一方、GigaOMのMalikの言による、「信頼できる情報源による5つの事実」は以下の通り。

    ● Linuxベース

    ● Javaアプリが走る(ブラウザ内だけではなく、もしかするとUI全体がJavaで描かれる可能性も)

    ● マルチメディアファイル再生可

    ● 1つのOSが3~5のデバイスで走る、そのデバイスはたぶんHTC製

    ● UI自体は普通の携帯電話とあまり変わらないが、ブラウザはiPhoneのSafariが使用しているエンジンと同じもの(WebKit)をベースにして、速度アップのためのチューニングを重ねているらしい。

    さて、どうなるでしょうね?

    GigaOM

    MATT BUCHANAN(MAKI/いちる)

    【関連記事】 Google Phoneのスペック詳細についての噂

    【関連記事】 Google Phone の気になる進捗状況

    【関連記事】 グーグルとアップルの顧客満足度がダウン

      あわせて読みたい

      powered by