[東京モーターショー2007]ハイウェイキングが歩んできた道のり

[東京モーターショー2007]ハイウェイキングが歩んできた道のり

エネルギー効率の向上は省エネにつながり、しいては地球に優しい

それを常に考えてきたボルボ・トラックのブースです。尿素還元触媒や排気ガス再循環装置のシミュレータよりも、エンジン自体の移り変わりに目を奪われてしまいました。ごめなさい。

でも物流の土台を支える働く自動車たちだからこそ、今後も進化を続けていっていただきたく。 詳細写真は以下にて。

071028volvot002.jpg

071028volvot003.jpg

071028volvot004.jpg

071028volvot005.jpg

071028volvot006.jpg

071028volvot007.jpg

サイズがかわってきたり、補器が増えたりしていますが、エンジンそのものの設計は数十年前から変わっていないとのことでした。最後の2枚はジャパンプレミアムのハイブリッドエンジンです。

公式HP[ボルボ・トラック, 東京モーターショー2007 公式HP

●「東京モーターショー2007」の記事一覧はコチラ

(武者良太)

【関連記事】 動いている最中の4サイクルエンジンの中を撮影(動画)

【関連記事】 ジェットのような水素エンジン搭載車「Vadho」

【関連記事】 ジェットエンジンを積んだトラック、飛行機と競争(動画)

    あわせて読みたい

    powered by