全長2センチの『紅の豚』の飛行艇

    全長2センチの『紅の豚』の飛行艇

    これがねえと、タダの豚だ。でも小さすぎて乗れやしねえぜ…。

    バンプレストから発表されたのが、映画『紅の豚』に登場した、「サボイアS-21 試作戦闘飛行艇」のマシンニングモデルミクロン単位加工技術を駆使して、全長2センチながら、プロペラが動く本格派。材質はアルミ製で重さはケース込みで約950g。結構ずっしりとした重量感ですね。完全受注生産で月間2個限定。レアアイテム率はカナリ高いですが、深紅じゃないのが残念ですね。こだわる方は、カラーリングも必要かもしれません。

    気になるお値段は63万円と、こちらもずっしりと重量級。東急ハンズ銀座店にて注文可能です。

    プレスリリース (PDF)[バンプレスト]

    (常山剛)

    【関連記事】 『トランスフォーマー』映画版キャラのフィギュアを変型させまくってみた(動画)

    【関連記事】 映画『シャイニング』のあいつが時を告げる恐怖のカッコー時計

    【関連記事】 ナウシカになって、東京の空を飛ぼう!

      あわせて読みたい