[CEATEC2007]バーチャルリアリティを応用した手術訓練システム

[CEATEC2007]バーチャルリアリティを応用した手術訓練システム

ぐにゅっと! お肉をつつくとぐにゅっとした感触が手に!

3次元の生体モデルデータ+臓器をさわった感触を生成するハブテックデバイス=「ネットワーク型VR手術手技教育訓練システム」です。接続されたモニタには、内視鏡で人体の深淵をのぞいているシーンが表示され、それを見ながら切っていいところ、いけないところを学んでいくためのシミュレータです。

調子にのって鉗子で内蔵のあちこちをつまんでひっぱってたところ、「本当はそんなことしちゃだめですよー」と赤点をもらってしまいました。ごめんなさい。

(武者良太)

■「CEATEC2007」のレポート一覧はコチラ

    あわせて読みたい

    powered by