美しいくちょいグロな顕微鏡写真のコンテスト「Nikon Small World」

美しいくちょいグロな顕微鏡写真のコンテスト「Nikon Small World」

顕微鏡の世界って神秘的なんですね。

少し前に、顕微鏡を覗きこんでて見つけた写真ファンにとって、たまらない写真の数々を「トイレ細胞(洋式)、発見される!?」でご紹介しましたが、今回は、Nikonが主催する、顕微鏡写真コンテスト「Small World PhotomicrographyCompetition」の優勝写真とエントリーした写真をご紹介したいと思います。

そうです。この赤とグリーンの蛍光発光したダブルトランスジェニックマウスの胎児の写真が、その優勝作品です。

以下に、その他ゴカイの神経系と繊毛、ミノカサゴの中脳と間脳などなど、その他のエントリー作品をご用意したので、ゆっくりご鑑賞ください。

071017micro01.jpg

071017micro02.jpg

071017micro03.jpg

071017micro04.jpg

071017micro05.jpg

071017micro06.jpg

071017micro07.jpg

071017micro08.jpg

071017micro09.jpg

071017micro10.jpg

071017micro11.jpg

071017micro12.jpg

071017micro13.jpg

071017micro14.jpg

071017micro15.jpg

071017micro16.jpg

071017micro17.jpg

071017micro18.jpg

071017micro19.jpg

071017micro20.jpg

[nikon via medgadget]

HAROON MALIK (原文/junjun )

【関連記事】 エルビスの面の皮を剥いでみる(微グロ)

【関連記事】 手が手を洗い、手に手を洗われる石鹸(微グロ)

【関連記事】 万が一の時に役立つ、サナダムシの卵(微グロ?)

    あわせて読みたい

    powered by