電池のデザイン選びが重要なランプ

    電池のデザイン選びが重要なランプ

    アイデア商品にデザインセンスまで加わると、こんな素敵なものになります。

    土台に用いられているのは、どこでも手に入る、単一型乾電池。その上にLEDの仕込まれたシェードを載っけるわけです。オンオフの切り替えは、チェーンを引っ張って行うという、古きよき時代を想い起こさせる方式。

    シンプルなデザインなだけに、剥き出しになる乾電池のデザインが重要になってくるのもミソかも。この「Little Lamp」という名前の照明のお値段は、4500円なり。

    Little Lamp[Generate Design]

    (西尾祐飛)

    【関連記事】 9ボルト電池とLEDで、ロマンチックムードを演出

    【関連記事】 単3→単2電池変換アダプター

    【関連記事】 「PowerMonkey」:何にでも使える充電電池

      あわせて読みたい