僕らの知らないタコの世界

僕らの知らないタコの世界

使徒!? 襲来!?

子供の頃、友達が大空に上げるゲイラカイトを見て、泣きながら母さんに「あれ買ってー!」てとねだった方。いまの貴方のオトナ力を持って、違った意味で近くの子供たちが泣き叫びそうな「Seraph Dance」(3570円)を手に入れてはいかがでしょうか。

「ザ・カイトワールド」のオンラインショップには他にも、美意識の違いを実感できるおもしろカイトばかりです。人とは違ったタコが欲しい方は、以下をご覧ください。!

071021kato02.jpg

「Expandable Object」。通称EO6(4830円)。

UFOっぽく動かせたらたぶん僕らの勝ちです。動画はコチラ

071021kato03.jpg

「Triad」(2600円)。ひと味違うところで留めておきたい人向け?

071021kato04.jpg

「Angels Play」(3780円)。これまた子供が涙しそうなアイテムです。

071021kato05.jpg

「Parafoil7.5」(6300円)。骨がなく、組み立て不要というのがいいですね。

071021kato06.jpg

「サンフラワー」(9870円)。ニュージーランド人のセンスって…。

071021kato07.jpg

「Large Power Sled」(9800円)。

風の受けがよく、上げやすいけど飛ばされやすくもあるとか。

071021kato08.jpg

「Sutton FlowForm 6」(1万5700円)。カイトフォトに使われることの多いモデル。

重量物をつけても上げられるパワー? を誇ります。

071021kato09.jpg

「Double Box Delta」(2万3100円)。

意匠はステンドグラスかそれともネイティブアメリカンか。

071021kato10.jpg

「Sojourn Box Kite」(1万500円)。リンク先を見てください。かなり凝った作りです。

071021kato11.jpg

「Mandril Kite」(1万5600円)。責任者ででこい!

071021kato012.jpg

「Pterodactyl」(2万3100円)。通報されるんじゃないすか、これ。

071021kato013.jpg

「Giant Flying Fish」(6万8250円)。現代のこいのぼりとして使うとか。

071021kato14.jpg

「Fuzzy Tail」(2800円)。

彩るだけでなく、上昇角を押さえる効果もあるそうです。

071021kato15.jpg

「Transition Tail」(3400円)。

カイト本体につけてもよし、写真のようにラインにつけてもよし。

071021kato16.jpg

「CAT」(27万円)。でかタコ。全長6mにもなります。

071021kato17.jpg

「FUGU」(38万円)。

1mほどのラインにつけ、地面上をバウンドさせると楽しい、とか。

071021kato18.jpg

「OCTOPUS」(73万5000円)。サイズは7×40m!

人、ちっちぇー! 1990年から生産されているベストセラーモデル。

071021kato19.jpg

「PENGUINE」(19万円)。まあこれなら、まだ…。

071021kato20.jpg

「RAY」(25万円)。まあこれも、まだ…。

071021kato21.jpg

「TEDDY BEAR」(20万円)。

許せるというか、これは浮かばせているところ、見てみたい!

071021kato22.jpg

「TRILOBITE」(25万円)。

泣いていいすか? 三葉虫って! ないよこれはない!

ザ・カイトワールド

(武者良太)

【関連記事】 凧と呼んだ方がはやい「風力ヘリコプター」

【関連記事】 カーソル風の凧

【関連記事】 ラジコン凧で深夜にお隣さんを襲撃

    あわせて読みたい

    powered by