[総力特集]Amazon Kindleは「本のiPod」になれる? Q&Aとデモ動画

    [総力特集]Amazon Kindleは「本のiPod」になれる? Q&Aとデモ動画

    レトロな滋味たっぷりのアマゾンのeブックリーダー「Kindle」(399ドル)、出ましたね。

    上の写真は月曜のプレス発表に先立ち、『Newsweek』最新号巻頭特集7ページを飾ったアマゾンの大将ジェフ・ベゾス。「これは端末ではない、サービスだ」と語る彼のKindleにかける意気込みは、昨日のプレス発表ライブブログQ&Aでどうぞ。第1印象もそちらに出てます。

    要はソフトのインスト不要パソコン不要接続加入不要、なのに24時間どこからでも直接本が買える不思議端末ということですね。いくら払ってるのかは分かりませんけど(けっこう重要)、米携帯キャリアSprintの高速ネットワークEVDOをアマゾンが買い取って独自ネットワークを構築、常時接続できる環境を実現しました。この発想が実にユニークですね。

    発売段階では書籍8万8000タイトル取り揃えてます。NYタイムズの新刊ベストセラーは全部一律9.99ドルで、古典は1.99ドルから。ダウンロードは1分未満。NYタイムズ、WSJ、ワシントンポストなど主要紙と雑誌も購読すると毎朝届きますよ?

    Kindle徹底研究、まずはデモ動画からどうぞ。

    ハードには一度に200冊保存できます。これはメモリーカードで増量可。 充電1回最大30時間使えます。重量10.3オンス(292g)。 編集部では隠れSDカードスロットも見つけましたよ?

    本当にベゾス氏が言ってるように「本のiPod」になれるんでしょうか? ギズモ的に気になるポイントをNYC現地のジェン・フーカー記者が全部おさらいしてみました。長文Q&Aは以下でどうぞ!

    【Kindleのココが知りたい! Q&A】

    ・起動は一発?

    1秒かかんないですね。

    ・持ち心地は?

    快適です。親指と人差し指の間にしっくり馴染んで軽いですよ? 「Next Page」キーうっかり押しちゃうのが難点

    ・スクロールホイールは?

    簡単&直感的です。

    ・フォントサイズはどこでも変えられる?

    書籍のフォントは変えられますけど、ホームスクリーンのフォントサイズ変えようとしたら、「(大きさ変更できるのは)コンテンツを読んでいる時のテキストサイズだけです」とエラーが出ましたね。

    ・キーボードの反応は?

    上々です。タイプして表示にちょっと時間がかかることもありますが。(テキストメッセージ機能がなくて良かった?) 削除キーの位置が妙でエンターキーのすぐ上なのでゴッチャに。

    ・月額接続料は?

    ゼロ。EV-DOサービスはSprintのです、Verizon Wirelessじゃなく。

    ・パソコンに繋ぐとどうなる?

    USBドライブモードでKindleのコンテンツが見えます。こんな感じで(下)。

    071119Kindler1.JPG

    ・端末に文書は直接転送できる?

    僕らのテストではMP3ファイルはUSB経由で転送後、表示されました。PDF、RTF、JPEGはドキュメントフォルダにコピーしてもKindleには出てきません。ネットのマニュアルでは「Kindleと互換性のあるファイルなら なんでもUSB転送できる」ようですね。

    ・ファイルの変換はどう行う?

    端末専用メルアドをwww.amazon.com/manageyourkindleで設定すると、普段使いのメルアドからKindle専用のメルアドにJPEGやワードなんかの文書は送れるようになります(PDFは無理です!)。 ただしメールの添付は1本10セントかかるので要注意! JPEGとワードを1個ずつ添付してテストしたら20分ぐらいで終わりました。

    ・本はパソコンにバックアップ保存できる?

    できます。テストではKindleでDLした本をマックにコピー後、Kindleから削除してみました。Kindleから消えたのを確かめてから、マックからKindleにコピーしたら、また現れましたよ? アマゾンは容量セーブのためにも書籍は小まめに削除して、パソコンではなくワイヤレスでDLするよう推奨していますけど、書籍は1本300~400KBですから、たくさんバーチャル保管庫に保存したところで大した容量じゃないです。

    ・パソコンに保存した本は読める?

    今んとこ「NO」ですが、これは変わるかも。ファイルは.azwフォーマットですけど、.azwリーダーがまだないというだけの話でしょう。ベゾスがみんなのピカピカのラップトップで自分の9.99ドルのDL書籍を読んで欲しくないのには、経済的な理由があるんだと思います。

    ・ SDカード専用スロットは何のためにあるの?

    SDの用途は容量増設がメインです。KindleからSDに送るのは簡単ですが、SDからKindleにどうドキュメントを動かすのか、そこは不明。

    ・辞書は?

    Kindleには『Oxford American Dictionary』 が入ってます。読書中に分からない言葉に遭遇した場合だけ、ハイライトしてチェックできます。自分で入力はできません。辞書機能はいずれ各自好みの辞書をダウンロードしてプライマリに設定できるようになるでしょう。

    ・ウェブ閲覧は?

    EV-DOサービスが無料で使えるので、てっきり「NO」かと思ったらウェブ閲覧もできるようです! 「Basic Web」というのが「Experimental」メニューの中に「Play Music」や「Ask Kindle NowNow」と一緒に入ってます。

    ・ウェブのグラフィックはどう見える?

    ウェブモードは2通り。デフォルトはテキストはそのままですが写真は小さくて見えづらいです。アドバンスドは普通のブラウザと一緒ですが、テキストをカットするので扱いづらい感じ。

    デフォルトのブラウザモード(下)
    071119Kindler-default.JPG

    アドバンスド・ブラウザモード(下)
    071119Kindler-advanced.JPG

    ・楽曲再生は?

    Experimentalメニューの「Play Music」で再生できますよ? 今までのところMP3です。スクリーンにメタデータは出ません。 AACは駄目みたい。再生ショートカットキーはAlt-P。

    ・サポートするファイル形式は?

    Kindle(azw)、テキスト(.txt)、保護かかってないMobipocket (.mobi, .prc)、オーディブル(.aa)、それにMP3(mp3)ですね。

    ・本のサーチは一発?

    テストでは12秒。

    ・ダウンロードは一発?

    ほぼ瞬時。「Buy」ボタンから「OK」スクリーン行くと、ホームスクリーンで所有タイトル一覧が出る(Amazon.com Kindleアカウントにある書籍ですね)んですが、このホームスクリーンをチェックする頃にはもう書籍ダウンロード完了してました。発表では所要60秒となってます。

    ・Kindle Book Storeのライブラリには何があるの?

    本の品揃えは豊富。全部で9万もありますよ? 今のNYタイムズのベストセラー101作品も入ってます。信じられない人は自分の目で確かめてね。→Amazon Kindle Store

    ・ブリック&モルタルでも買える?

    今んとこNO。Kindle取り扱い店はアマゾンだけです。バーンズ&ノーブル(米国の紀伊国屋ですな)も売らせてくれとは言わんでしょう。

    ・スクリーンは本当に「目にやさしい」?

    YES。ラップトップより全然目が疲れない感じですね。シャープさは今ひとつですけど。

    ・テキストの大事なとこは下線(アンダーライン)つけられる?

    下線は無理ですけど「ハイライト」はできて、テキストの周りにちっちゃなボックスが出ますから、同じですよね。気になる文章にメモも挿入できますよ。

    ・Sony Readerと比べてどう?

    ギズモの見解はこちら、Gadget Labの比較表はここ

    WILSON ROTHMAN(原文1原文2原文3原文4/訳:satomi)

    【関連記事】 リブリエ vs. Kindle : eBookリーダーの王者はどっち?

    【関連記事】 「Amazon E-book reader」:Amazon製のe-book?

    【関連記事】 ワーズギア「Words Gear」:音楽や動画も見られる電子書籍端末

      あわせて読みたい

      powered by

      こちらもおすすめ