鉄人の中華包丁みたいなワイヤレスキーボード「diNovo Edge」

    鉄人の中華包丁みたいなワイヤレスキーボード「diNovo Edge」

    これまで数々のキーボードを扱ってきましたが、ちょっとこれはかなりきてます。かっこいいです。

    ロジクールの「diNovo Edge」は充電式のBluetoothコードレスキーボードです。そのボディの薄いこと薄いこと。しかも、高光沢処理された半透明黒色プレキシグラス(アクリル)の1枚切り出。ヘアライン加工のアルミ素材パームレストと組み合わせは、とってもクールです。

    また、右手の方にはタッチセンサーを搭載。これ1台あればマウスはいりません。

    お値段はオープンプライス。だいたい2万5000円前後です。

    以下に、その薄い様子を掲載します。

    071031diNovoEdge-02.jpg

    071031diNovoEdge-03.jpg

    すごい薄いですね。ちょっと使ってみたい一品です。

    ああ、この薄いキーボードの1つ1つをなで回すようにタイピングしてみたいよ…。

    製品HP[ロジクール]

    この商品をAmazonで購入楽天で購入

    (三浦一紀)

    【関連記事】 どーしても50音配列のキーボードが欲しいという人に

    【関連記事】 本当にキーに触れずに文字入力ができる未来的な「ノータッチキーボード」

    【関連記事】ロジクール「G15 Gaming Keyboard」:サイバーなゲーム用キーボード

      あわせて読みたい